スマホ・タブレットユーザママの6割、子供にスマホを触れさせている

GS162_72A.jpgマホ・タブレットユーザのママの6割以上が、
子供にスマホ・タブレットを触らせているようです。

6割、という数字、多いと思いますか?少ないと思いますか?

この記事を見て、ご多分にもれず、6割に入る私は、
「最初は触らせるつもりなかったんだけど、気づいたら、
勝手に触っていたんだよね〜」とぼそっとつぶやいた。

一度触ったら、これは自分のものだぁ!!と主張する幼い息子のために
良さげなアプリを探して、子供向けアプリをダウンロードする私。

一方で、友人は、「昨日の夜ね、パパが急にiPad を渡されて、
「これはキミと子ども2人で使ってくれ、と言われたの〜」とのろけていた。

そんなこんなで、この調査によると1都3県(東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県)
の0〜6歳の子どもがいるママの6割以上が、スマホ・タブレットを所有していると
いうことだ。

さらに読む

いざというとき、子どもを連れて安全に避難できますか?

先日の大きな地震、久しぶりに血の気が引きました。
震度4(東京在住)で、3.11を思い出しました。
とりあえず、子ども達をかかえて机の下に隠れながら、改めて地震の恐怖を感じました。

1年以上もさわっていない避難用の防災バッグ、点検してみました。
防災バッグはこれで大丈夫だろうか、
子ども達をかかえて安全に避難できるだろうか、
寒い冬に避難所で生活できるだろうか、
私1人で子ども達を安全に守れるだろうか、
不安になったママさんたち、多かったのではないでしょうか?

今日のご紹介は、おすすめの親子サイトならぬ、ママのための単行本です。
「被災ママ812人が作った子連れ防災手帖」、小さな子どもを連れての避難は、
大人だけの避難とは話が全く違うことがよくわかります。(次頁に続く)

さらに読む

子育てとスマホの付き合い方

GS145_72A.jpg公園で、まだよちよち歩きの息子を遊ばせていた。
どうもヒマなので、スマホを取り出し…、ふっと気がついたら子どもがいない。
辺りを見回すと、滑り台の上で満面の笑顔で手を振っている。
あわてて駆け寄り、その手を握って、ほっとため息をついた。

友人から、知り合いの幼い子どもが、公園で怪我をしたことを聞いたその夜、
そんな夢を見た。目が覚めて、寝息を立てている息子の頭をなでながら、
息子が幼い時はスマホがなかったけれど、きっと今だったら…と思った。

アメリカの育児雑誌『Parenting』は、小さな子どもがいる親に、
「子育てとスマートフォンの付き合い方について警鐘を」鳴らしている。
「その裏付けとして、近年のスマートフォン利用者数と子どもが負傷した事件数が、
同じような右肩上がりの上昇を見せていると示す。」

たしかに、公園でも、小さな子どもを遊ばせながら、スマホを見ている親を
よく見かける。子どもを見ているべきときにスマホを手にしていると、子どもの
安全管理がおろそかになる、ということだ。
わかっちゃいるけど、やめられない〜、のがスマホの魅力なんですよね。

さらに読む

「親と子の警察展」2012年11月21日(水)〜24日(土)まで開催

第50回 親と子の警察展

50回記念「親と子の警察展」が開催されます。
日時:平成24年11月21日(水)から11月24日(土)
   午前10時 ~ 午後5時(11月24日(土)は午後3時まで)

場所:
「東京都江戸東京博物館」(墨田区両国駅前)1階特設会場

 展示内容  ・ 少年非行の現状がわかる「少年非行概況コーナー」
  有害サイトの閲覧を制限する「フィルタリング」の体験ができる「違法・有害情報対策コーナー」   薬物の見本を展示して、有害性を訴える「薬物乱用防止コーナー」 など


フィルタリングのコーナーでは、ネット被害防止DVDの上映や、フィルタリングについて説明したり、
利用方法を開設するパネルがあります。


白バイと一緒に撮影が出来る「白バイ展示コーナー」やキラキラ笛の工作体験もあります。
子どもは、警察や消防署の車に乗ったり、一緒に写真を撮ったりが大好きですよね。

さらに読む

11月8日は「家族の日」 今週来週は「家族の週間」、イベントあります

11月18日(日)は、子どもと子育て支援を主目的とした「家族の日」、
その前後各1週間は「家族の週間」です。
内閣府が定めたもので、今年は東京都港区で、子ども・子育て支援
「家族の日」フォーラムを開催します。

大人向けの講演会やパネルディスカッションのほか、
子ども向けの親子ふれあいコーナーも出ます。
事前申込のプログラムも多いですので、
関心がある方は内閣府のサイトを御覧下さい。
(次頁にURL記載)

さらに読む

大阪府の学校職員がアダルトサイト等閲覧、7年間で727時間も

FE154.jpg大阪府の学校で、職員が業務時間中に、公務用パソコンで、
仕事と関係のないアダルトサイトなどを閲覧していたそうです。

なんと7年間で727時間、その内600時間が勤務時間中だった
そうです。

「大阪府立支援学校に勤務する50代の主査級男性事務職員」
「公務用パソコンで」
「インターネットのアダルトサイトなど、仕事に関係のないネットサーフィン」
「7年間で727時間」
と驚くべき単語が続きます。

フィルタリングは入っていましたが、その目をすり抜けてしまったようです。
どうしてか? それはまた次回お伝えしますね。

さらに読む

Twitter始めました

Twitter始めました。親子119@oyako119 です。
フォローしてください。