アダルトサイト相談 初めて第1位に 〜消費生活センター

GS029_72A.jpg「もぉ〜、聞いてよ。うちの子がやっちゃったのよ!!!」

姉からの電話に出たとたん、激怒の声。

この残暑がこたえているんだから、もうちょいおだやかに話してほしいもんだ、という
私の希望など、、、とても言える雰囲気はない。

「スマホ買ってあげたら、その日に真っ青な顔で、すっ飛んできて、何かと思ったら
 アダルトサイトからの請求ですって。10万円なんてあったら、ハワイ行ってるわよ」

そりゃそーだ、私も一緒に行きたい、いやそうじゃなくて。
あなたの息子、中学1年生にして、もうそんな趣味あったんですか?

「問いつめたら、あせって何回かクリックしたら、急に請求されたって言うのよぉ」

おっと、それなら、警察か、消費生活センターに相談するしかなかろう。

「なによ、その消費生活センターって」

…おいおい、何十年も日本人やっていて、おまけに10年以上も人の親やってるんだから、
知っといた方がいい存在ですけど。。。。

このブログを読んでいらっしゃる皆様は、消費生活センターはご存知でしょうか。

その消費生活センターによせられた相談で、アダルトサイトについての相談が
2011年は最多で、第一位になったそうです。

相談内容は、アダルトサイトにアクセスしたら請求画面が張り付いた、とか。
アダルトサイトの広告をクリックして、請求を無視したら、電話がかかってきた、とか。
甥っ子は、ある意味、流行の最先端をいっていたのでした。

インターネットに接続する全ての機器は、注意が必要です。

「子どもが使う場合には、フィルタリングの設定をするなど、保護者が確認し注意すること」(消費センター)

被害にあったお子様の65%は、サイト利用について、親から注意を受けていなかったそうです。
詳しくは、当社サイト こどものPC、スマホをすべて見ていますか?  をご覧下さい。

お子様が利用するパソコン、スマホ等には、フィルタリングを必ず入れましょう。(続く…)

さらに読む

子供の安全 その2〜スマホで子どもを見守る

GS168_72A.jpg前回、子供の見守りサービスをいくつかご紹介しましたが、
友人から「うちは東急線も小田急線も関係ないし、学校や塾でも、
そんなサービスやっていないわ。どうすればいいのかしら」と
言われました。

たしかに、ご紹介したサービスの恩恵をこうむるご家庭は
それほど多くはないと思います。

それならば、いつでもどこでも、利用できるサービスをご紹介します。

スペクタープロ Android 」、スマホがあればお子様の状況を把握できます。

GPSで位置情報を得ることはもちろんできます。
そうはいっても、毎日のことなので、GPSで子供の居場所をいちいち確認しない
ですよね。
このアプリをおススメする一番の理由が、メール通知です。

あらかじめ、あるエリアを設定すると、そのエリアへ入ったり、そのエリアから
出たりすると、保護者にメールで通知します。
エリアは地図で設定するので、場所や交通機関などの制限がありません。

子供が決まった時間に決まったエリア内にいるかどうか、メールで確認
できるので安心ですよね。(次頁に続く)

さらに読む

子供の安全 その1〜子ども見守りサービス

GS029_72A.jpg夏休みも残すところ、あと10日、そろそろ2学期の準備を始める頃でしょう。
うちの小学生の息子も、今週から宿題と真剣勝負、はてさて終わるのやら。

学校が始まって、元気な子供が学校でエネルギー発散をしてくれて、
親はほっと安心な反面、外出中の安全が気になります。

うちは、子供向けサービスをうまく利用しつつ、子供にも気をつけさせるように
言い聞かせることにします。

このブログも、子供の安全について、シリーズで書きますので、ご期待ください。

学校や塾、児童館、電車の駅などで、子供が入退出すると、保護者の携帯電話に
メールを通知するサービスがあり、子供の行動がわかるので、安心です。(次頁に続く)

さらに読む

インターネットホットラインセンターとは

インターネットホットラインセンターをご存知ですか。
インターネット上における違法・有害情報の通報窓口で、インターネットの交番みたいなサイトです。
(URLは http://www.internethotline.jp/index.html)

—————(Wikipediaより引用、開始)—————
インターネット・ホットラインセンター(Internet Hotline Center)は、2006年6月1日に開設された違法・有害情報の発信に関する情報収集と対処を目的とするポータルサイト。警察庁からの業務委託により財団法人インターネット協会が管理・運営を行っている。
—————(引用、終了)—————

通報フォームに発見した情報を記入して送信すると、分析した上で、それぞれ適切な手続きを行います。

—————(インターネットホットラインセンターのサイトより引用、開始)—————
    ・違法情報 → 警察へ通報
    ・有害情報 → プロバイダや電子掲示板の管理者等へ対応依頼(削除等)
    ・国外サーバーの情報 → 国際的枠組みでの処理(INHOPE)

internetHotLineCenter-1.jpg   ・判断に迷った場合→法律アドバイザー(複数の弁護士で構成)に判断を委ねる

   ・知的財産権侵害情報→取り扱わないが、権利者団体へ情報を提供
   ・名誉毀損や誹謗中傷情報→取り扱わないが、法務省人権擁護機関へ情報を提供

—————(引用、終了)—————

通報はだれでもできます。匿名で通報することもできますし、連絡先を記入することもできます。

internetHotLineCenter-2.jpg日本国内はもちろん、国外のサーバーの情報であっても、通報してよいそうです。

通報内容のガイドラインは日本国内法に基づいていますが、他国でも違法とされていることも多く、「インターネットホットライン国際協会(INHOPE)におけるメンバーネットワークにより、対象国のホットラインセンターへ対応依頼」するようです。

インターネットにアクセスして、たまたま違法・有害情報を見かけたら、インターネットホットラインセンターに通報しましょう。

また、殺人・爆破・自殺予告など緊急に対応が必要な情報は、110番通報(警察へ通報)しましょう。

児童虐待も匿名通報ダイヤルへ

FE152.jpg

以前、ブログでご紹介した「匿名通報ダイヤル」、児童虐待も対象になりました。

両親の暴行で亡くなった東京江戸川区の岡本海渡君(7)の悲しい事件、事前に学校や児童相談所に情報が伝わりながらも未然に防ぐことが出来なかったこと等がきっかけのようです。

児童買春や人身売買等と同様に有力情報、「被害者が保護されたり、事件が摘発されたり」に対して最高10万円が支払われます。

匿名通報ダイヤルは電話(0120924839)または、http://www.tokumei.or.jpまで。

(以下、記事のURL)
「児童虐待、有力情報に10万円…警察庁」
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100128-OYT1T00728.htm?from=y10&from=yoltop

児童ポルノ流通防止協議会、パブコメ受付中

FE154.jpg「児童ポルノ流通防止協議会」は、「児童ポルノが掲載されているURLの
アドレスリストを作成する管理団体の運用ガイドライン案」に対する意見
(パブリックコメント、パブコメ)を募集しています。

———(以下、記事より引用、まとめ)—————————
[ガイドラインからの抜粋]

・リスト作成管理団体は、民間で運用、専門委員会を設置
・定期的に存在確認を行い、除外要請には専門家が該当性の判定を行う
・リストの対象範囲は、特定のURLに掲載された児童ポルノで、以下に該当するもの

 「サイト管理者などへの削除要請を行ったが削除されなかったもの」
 「海外サーバーに蔵置されているもの」「サイト管理者などへの削除要請が困難であるもの」
 「その他、既に多くのWebサイトまたはWebページを通じて流通が拡大しているなど、迅速かつ重層的な流通防止対策が必要で、事前に専門委員会の承認を得たもの」

———(引用、まとめの終了)—————————

受付期間は、明日28日まで、電子メールでもOKです。
関心のある方は、サイトをご覧いただき、意見を出してみてはいかがでしょうか。

(以下、記事のURL)
「児童ポルノURLリスト作成管理団体のガイドライン案が公表」
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20100115_342627.html

児童ポルノ流通防止策で、管理団体の設置を検討

「警察庁の有識者会議「総合セキュリティ対策会議」は26日、ネット上の児童ポルノ流通防止策として、「児童ポルノ流通防止対策推進協議会(仮称)」を設置することなどを盛り込んだ報告書を公表」しました。
「協議会では、ISPによる児童ポルノへのアクセスブロッキングについて技術面や法的課題についての検討と、ブロッキングやフィルタリングなどに用いる児童ポルノのアドレスリストの作成・管理団体の立ち上げについて検討を行う」そうです。

児童ポルノについては、過去ブログでも何度か取り上げましたが、報告書では以下のようにまとめています。

GS090_72A.jpg—————(以下、記事より引用)——————
報告書では、ネット上での児童ポルノ流通の問題点について、児童ポルノがネット上にいったん流通した場合には回収することが極めて困難であり、性的虐待の現場を永久に残し、被害児童の心を傷つけ続けることとなる問題や、児童ポルノの流通によって児童を性欲の対象として捉える風潮を助長する問題があると指摘。対策としては、児童ポルノを流通させた被疑者の検挙、インターネット・ホットラインセンターによる削除依頼などの取り組みが行われているが、依然として多数の児童ポルノが流通し、ネット利用者が容易に検索・閲覧が可能な状態だとしている。
—————(引用、終了)——————

子どもをつれて街や公園にいても、見知らぬ男性に勝手に子どもの写真を撮られることがあります。
実際に無許可で撮った男性に注意したら、逆切れされたり、居直られたこともありました。
アナログカメラからデジタルカメラになり、大量の写真をとっても無料、ネットに掲載するのも無料になり、モラルが低下しているのかもしれません。

これから夏が近づき、服も薄着になり、外出することも多くなるでしょう。
盗撮や、水着姿、着替えをするとき等、知らない間に子どもの写真が撮られて、ネットに掲載されたら、と考えると、児童ポルノの問題は人事ではありません。

いたちごっこが続くかもしれませんが、児童ポルノの問題にはしっかりと取り組んでもらいたいと願わざるを得ませんね。

(以下、記事のURL)
「児童ポルノのアドレスリスト作成・管理団体の設置検討へ  警察庁の有識者会議が提言」
(2009/03/22 InternetWatchより)
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2009/03/26/22926.html

サイトの危険性を判断、IPAが一般向けサービス

FE020.jpgあやしいサイトにアクセスしてしまい、慌てて閉じた経験があるで
しょう。その後、パソコンの調子が悪くなったりすると、いやぁ~な
予感がするかもしれません。

「情報処理推進機構(IPA)は18日、メールで寄せられたURL情報に
対して、サイトの危険性を判定してメールで回答するサービスを開始」
しました。

————–(以下、記事より引用)——————————
サービスは、一般のユーザーからメールで送られてきたURLに対して、IPAが「悪意あるサイト
の識別情報及び対策情報提供システム(TIPS)」を利用して、サイトにマルウェアなどが含まれ
るかを解析し、悪意のあるWebサイトであるかを判定する。

 悪意のあるサイトについては、「フィッシング詐欺サイト」「ワンクリック不正請求の詐欺サイト」
「マルウェアなどのばらまきを行っているサイト」「偽装セキュリティソフトウェアを配布している
サイト」「攻撃コードが仕込まれているサイト」の5区分に分類。判定結果や対策情報などを
送信ユーザーに返送する。

調査依頼はメールのみの受け付けとなっており、調査依頼のメールアドレスは
「 isec-tips-info@ipa.go.jp 」。原則として、調査依頼1件につき調査対象のURLは1つのみで、
携帯サイトは対象外としている。判定結果は、調査依頼を受けてから原則2営業日以内をめど
にメールにより回答する。
————–(引用、終了)——————————


フィルタリングソフトNet Nanny(ネットナニー)
には、オーバーライド機能があります。
お子様がサイトにアクセスしようとしてブロックされた場合、親(管理者)に閲覧を要求し、親はサイト
の内容を確認したうえで、「許可」「拒否」することができます。
その設定は保存され、次回からはフィルターに優先して適用されます。
オーバーライドはリストになり、ご家庭独自にフィルタリングが行われるようになります。

もしお子様からオーバーライド要求が来て、サイトの内容が判断つきかねる場合、IPAのサービスを
利用してみてはいかがでしょうか。回答まで数日かかることはご承知おきくださいね。

(以下、記事のURL)
「IPA、サイトの危険性を判定してメールで回答するサービスを開始」
(2009/03/18 Internet Watchより)
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2009/03/18/22831.html

「安心ネットづくり促進協議会」発足

2月末、「誰もが安心して利用できるインターネット環境」を整備することを目的として、
安心ネットづくり促進協議会」が発足しました。
キャッチフレーズは「1億人のネット宣言 もっとグットネット」です。

NTTドコモやソフトバンクモバイルなどの携帯電話各社、マイクロソフトやヤフーなどの
インターネット関連企業はもちろん、「一般企業や業界団体、保護者団体や消費者団体、
教育関係者、学識経験者、自治体の連合会など幅広く参加」しています。
現在173の企業・団体・個人が参加しています。

(以下、記事のURL)
「1億人のネット宣言 もっとグッドネット」業界超えて国民運動
(2009/02/27 InternetWatchより)
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2009/02/27/22617.html

「子ども安全連絡網」がグッドデザイン賞受賞

P1030634.jpg園や学校からの連絡網がうまく回らなかったり、伝言ゲームのように内容が変わってしまうことがあるそうです。緊急時には、保護者に確実に情報を伝えるために、1人1人に電話をかけるなど、先生やPTAの負担がかなり大きいそうです。

「携帯メールに送れば良いじゃないか」と思いがちですが、メールを利用されない祖父母などの保護者や、共働きで仕事中に携帯メールを確認できない保護者もいるでしょう。またメールアドレスを変更したばかりかもしれません。

NTTデータがサービスを提供している「子ども安全連絡網FairCast」は、「通常連絡」と緊急時の「追いかけ連絡」の2つの機能があり、「通常連絡」では電話、メール、ファックスの中から1つの連絡先を選べます。
「追いかけ連絡」では、連絡先を3段階選べ、「母親のメール」→「祖母の固定電話」→「父親の携帯電話」のように設定でき、連絡がつきやすくなります。

「昼間メールを読めなくても、緊急連絡ならおばあちゃんに伝わっているはずだと思うと安心できる」という利用者の感想があったそうです。
「市立中学校に爆弾を仕掛けたという脅迫事件が起きた際、学校に来ないように連絡できて、実際に1人も登校しなかった」そうです。

最近、子ども関係の犯罪や事件が相次ぎ、保護者の方々の心配はつのるばかりです。
このようなサービスにより、保護者の方々の安心につながるといいですね。

(カッコは以下の記事より引用)
「みんなのニュース:母の一念で生まれた「子ども安全連絡網」 グッドデザイン賞受賞」
(2008年10月10日 毎日JPより)
http://mainichi.jp/life/edu/news/20081009mog00m040058000c.html