出会い系サイトでの18歳未満の被害者、1100人

昨年、出会い系サイトに関係した18歳未満の被害者は1100人で前年(1153人)並み、96.5%は携帯電話で出会い系サイトにアクセスし、848人が小中高生だったそうです(警視庁調べ)

20080501.jpg子どもを守るために、まず親(保護者)ができること、携帯電話とパソコンにフィルタリングを入れましょう。

でも”Nothing is Perfect”、フィルタリングも完璧ではありません。フィルタリングを入れたから大丈夫なはず、と任せきりにせず、親子でネット利用について話し合い、子どものネット利用を把握することが必要でしょう。

フィルタリングについて「ぐんま子どもセーフネット活動委員会」メンバーは「フィルタリン
グをかければ安全というわけではない。健全と認定されたサイトでも、子どもが加害者や被害者にならない保証はない」と指摘し、千葉県教諭は「本来は親もかかわったうえで、見てもよいサイトを個々に決められるシステムにすべきだ。まだ改善の余地がある」と指摘しています。(カッコは記事引用)

フィルタリングソフトNet Nanny(ネットナニー)は、ドラッグ、ポルノなどのカテゴリーで有害サイトをブロックし、お子様のネット利用をモニタリングで把握できます。
また簡単にアクセスするサイトやブロックしたいサイトを登録できる、まさに求められているシステムですね(Net Nannyの詳細はこちら)(続く・・・)

さらに読む

ネット利用者数、米中で4億3600人 ~やっぱりNet Nanny

中国のインターネット利用者数が世界最多のの2億2千万人になったそうです。
第2位のアメリカ、2億1500人を合計すると、4億3600人になります。
中国の利用者数は、2ヶ月間でなんと1100万人も増加、これからもどんどん増えるでしょう。

利用者数が多ければ、有害サイトも増えるでしょう。
インターネットはボーダレス、フィルタリングは、英語と中国語の有害サイトをブロックできることが大きなポイントになると思います。

20080502.jpg
「え、中国語なんてわからない」「英語で有害情報が表示されているかどうかわからない」と心配になりますよね。

フィルタリングソフトNet Nanny(ネットナニー)があれば大丈夫。Net Nannyはマルチランゲージ対応、世界各国のネイティブスピーカーの専門スタッフが有害サイトを日々チェックしているので、安心です。(Net Nannyの詳細はこちら)(続く)

さらに読む

インターネットを通じて、犯罪者と接触する可能性

19歳の女性の行方不明事件に関係した記事です。
監禁容疑などで逮捕された容疑者がインターネットの薬物関係の掲示板で女性に接触していたことがわかったそうです。容疑者は覚せい剤を所持しており、掲示板に薬物を持っていることを書き込んでいたと見られるそうです。

200804222.jpg自分の子どもがインターネットを通して、犯罪者と知り合い、犯罪に巻き込まれる可能性があります。

子どもは好奇心でいっぱい、興味があるサイトには何回もアクセスするはずです。

フィルタリングソフトNet Nanny(ネットナニー)はモニタリング機能があり、子どもが見たサイトが記録されます。

薬物などの犯罪情報がある掲示板にアクセスしているのがわかれば、早い段階で子どもを危険から守ることができます。(Net Nannyの詳細はこちら)(続く)

さらに読む

プロバイダー業界、有害サイト削除を強化

プロバイダー(ネット接続業者)の判断で、有害情報等の書き込みを削除できます(「プロバイダー責任法」により)。

プロバイダーや電話会社が加盟する業界団体「テレコムサービス協会」は、各社へアドバイスする相談センターを作って、業界を挙げて自主的な削除を行うことにしたそうです。

20080421.jpgまずは親(保護者)ができること、携帯電話やパソコンにフィルタリングを入れて、子どものネット利用を把握しましょう。

フィルタリングソフトNet Nanny
(ネットナニー)は、「アダルト」「出会い」などの有害サイトのブロック(フィルタリング)や、様々なサイトへのアクセス状況を把握(モニ
タリング)することができるソフトウェアです。(Net Nannyの詳細はこちら

子どもが安心してインターネットを利用できる環境作りをしたいですね。(続く・・・)

さらに読む

学校裏サイト、半数に個人を中傷、3割に暴力的な言葉

最近話題の「学校裏サイト」とは、在校生や卒業生が、情報交換や交流を目的に自分たちで立ち上げた非公式のサイトです。
中学校、高校校、大学はもちろん、小学校にもあり、文部科学省の調査では、3万8000件近くの裏サイトが確認されました。

半数のサイトに「キモイ」「うざい」などの個人を中傷する言葉が含まれ、37%にわいせつな言葉が書かれ、27%に「死ね」「消えろ」「殺す」などの言葉が書き込まれていたそうです。

200804222.jpg親(保護者)が学校裏サイトの存在を知らないことが多いそうです。学校裏サイトは、検索エンジンでも中々探し出せません。

こんなときフィルタリングソフトNet Nanny(ネットナニー)があれば安心です。

Net Nannyのモニタリング機能は、子どもが見たサイトを記録します。子どもがよく利用するサイトにもアクセスすることができ、早めに対処することができますね。(Net Nannyの詳細はこちら(続く・・・)

さらに読む

メールで知り合いの少女を脅迫、高2男子逮捕

16歳の男子高校生が逮捕されました。

メールで脅迫しても、もちろん犯罪者になります。知り合いの少女をメールで脅迫するとは驚きです。
冗談のつもりだったのか、本気だったのかわかりませんが、わざわざ「なりすましメール」を使ったり、脅迫メールの内容が悪質ですね。

20080410.jpg自分の子どもを犯罪者にしないためにも、親(保護者)はお子様がどのようにインターネットを利用しているのかを知っておくことが必要ですね。

全米で高い評価を受けているフィルタリングソフトNet Nanny(ネットナニー)があれば、世界中の有害サイト接続をブロックしたり、ネットの利用をモニタリングして把握できます。

もちろんインターネットの利用時間を制限することもできますよ。(Net Nannyの詳細はこちら)(続く・・・)

さらに読む

有害サイトの法的規制 ~その1

出会い系サイトをきっかけに売春などの被害をうけた18歳未満の子どもは1153人(2006年)もいるそうです。
子どもたちを守るためには、フィルタリングの促進をしつつ、法律面でも環境が整えられるといいですね。

20080404.jpg親(保護者)は、法律改正をきっかけに、子どもとネット利用について話しあい、パソコンや携帯電話に有害サイトへの接続をブロックするフィルタリングを入れて、お子様に安全なネット環境を提供しましょう。

パソコンのフィルタリングソフトは、全米で評価ナンバー1のNet Nanny(ネットナニー)がお勧めです。

世界中の有害サイトをブロックし、子どものインターネット利用を管理、把握することができます。(Net Nannyの詳細はこちら)(続く・・・)

さらに読む