親は知らない、子供のネット取引

GS055_72A.jpg「ちょっと聞いてよ〜、あの子ったら、私に隠れて買い物してたのよ」

へぇ、また姉からの電話だが、、甥っ子は何をやらかしたのやら。
べつにお小遣いの範囲内なら問題ないだろうに、なんでそんなに激怒してるわけ?

「買ってあげたスマホで、ネットで買い物をしてたのよ〜。音楽やらマンガやら」

ほっほぉ、さすが子どもは新しいモノを使いこなすのが早いね、と変なところに
感心する私に姉は怒りを増したのでした。

日本PTA全国協議会の調査によると、
「インターネットで物品のやりとりをした経験がある」のは
      小学5年生で28.5%
      中学2年生で46.1%

「インターネット上での物品のやりとりについて保護者と「まったく話さない」
「ほとんど話さない」という子が小学生で31.7%、中学校で43.2%」 だそうです。

つまり中学生の甥っ子が、ネット取引をしていて、さらに親には話していなかったというわけで、
流行の最先端をいっている標準的な現代っ子だとわかったのですが、さてはて、姉はどうやって
息子のヒミツを知り得たのでしょうか。

「それは、あなたが紹介してくれたアレでわかったのよ。アレすごいわね」

アレって、ひょっとしてあれですか? 
アレが何かは、姉に紹介した当社サイト こどものPC・スマホをすべて見ていますか を御覧下さい。 

さらに読む

子供とマルチタスク

FE018.jpg「お前ってシングルタスクだよな。××を見習えよ。
あの位マルチタスクに仕事をこなしてほしいぞ」
社会人になりたての新人時代、オレはよく上司に言われたものだった。
ウン十年たった今でも、”シングルタスク”と”マルチタスク”という言葉に
ぴくっと反応するから、ある意味、社会人版の”三つ子の魂百まで”かもしれない。

“マルチタスク”は、社会人にとっては褒め言葉だが、子どもにとって違うようだ。

「子ども時代のマルチタスク作業は社会性獲得に影響」があるといったのは、米スタンフォード大学の調査の研究チームだ。
なかなか権威がある研究結果ではないか。

「社会性の発達に問題を抱えている割合が最も多かったのが、インターネットの交流サイト(SNS)へのアクセスやビデオ視聴、電子メールのやりとりやテレビ電話に費やす時間が長かったり、それらを同時にいくつも並行してやったりしている子どもたちだったという。(調査対象は8~12歳の女の子3461人)」(記事より引用)

将来、子どもが対人関係に問題を抱えないようにするためには、「周囲の人々と直接、やりとりするのが重要」であり、「携帯電話やパソコンを操作しながらではなく、目と目を合わせて会話することが子どもの成長にとって重要」だそうだ。

当たり前じゃないか、と思いつつ、どきっとした。
昨日、息子が話しかけてきたとき、YouTubeとメールを見ながら、適当に答えたっけ。
よし、今日帰ったら、息子の目をじっと見て話を聞いてやろう、と心に誓った。

(以下、記事のURL)
「子ども時代のマルチタスク作業は社会性獲得に影響 米研究」
http://www.cnn.co.jp/tech/30005419.html

インターネット利用開始時期、低年齢化

GS168_72A.jpgお子様は何歳で、インターネットを使い始めましたか?

小学生を対象にした調査によると、ネット利用を開始時期のトップは「小学校1年生(21.8%)」、未就学児では「0〜2歳」が約1%、「3〜5歳」が約18%」でした。
昨年と比べて、0歳から小学校2年生までが僅かながら増加し、小学校3年生以上では減少しており、ネット開始時期の低年齢化が進んでいるようです。

また、約4分の1の家庭でフィルタリングを利用しており、子ども専用パソコンの方が、親と共有パソコンよりもフィルタリングを入れているようです。

—————–(以下、記事より引用、まとめ)————-
インターネットの利用を開始した時期

 「小学1年生」 21.8%
 「小学3年生」 18.6%
 「3〜5歳」  18.3%
 「小学4年生」 16.0%
 「小学2年生」 12.0%

フィルタリングサービスの使用率

 「知っているけど使っていない」 57.3%
 「使っている」 25.8%

環境別のフィルタリングサービスの利用率

 「子ども1人に1台のパソコンを使っている場合」 38.8%
 「子どもたち専用のパソコン(複数の子どもたちで共有)」 36.1%
 「親と共有のパソコン」 24.4%

フィルタリングサービスを利用していない理由

 「不適切なページにアクセスしないと思っているので必要ない」 52.2%
 「大人が使うときに不便だから」 21.0%

(NTTレゾナント株式会社が、第8回調査として「gooリサーチ」の登録モニターに対し、平成22年10月1日(金)から10月11日(月)にかけて実
施、小学生の子どもを持つ保護者を対象に小学生のインターネット利用に関するアンケートを実施。有効回答数は13,925名)

—————–(引用、終了)————-

(以下、記事のURL)
子どものネット利用開始時期、3〜5歳が増加
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20101119_407774.html

「第8回「小学生のインターネット利用に関する調査結果」」
http://pr.goo.ne.jp/detail/1435/

さらに読む

小中学生のネット利用、家ではリビングで親のパソコンが最多

GS132_72A.jpgお子様は、何の端末でインターネットにアクセスしていますか?
また自宅ではどこで何時間くらい利用していますか?

小中学生のインターネット利用の標準は、家のリビングで親のパソコンを使い、1時間未満利用するのが多いようです。

小中学生を対象とした調査によると、インターネットを使っている端末は「パソコン」が97%、「自宅でインターネットを利用する場所」は「家の居間やリビング」が7割超、8割強が自分のパソコンを持っていないそうです。利用時間は「全体の4割近くが『1時間未満』、3割が『2時間以上』」だそうです。

本格的にインターネットを使おうと思うと、やはりパソコンが使いやすいのは、子どもも同じです。お子様が使うパソコンには、フィルタリングをお忘れなく。

Net Nannyインターネットフィルタリング7は、全世界157カ国の導入実績のある、信頼できるパソコン向けのフィルタリングソフトです。
米トップテンレビューズ「インターネットフィルタリング部
門」で「5年連続No.1」の評価を得ています。(TopTenReviews(英文)はこちら

—————–(以下、記事より引用、まとめ)————-
インターネットを使っている端末
 「パソコン」 97.2%
 「ニンテンドーDS・DSLite・DSi」  29.4%
 「Wii」 23.8%
 「携帯電話・PHS」 16.4%
  (「携帯電話・PHS」は学年の上昇とともに増え、中学生は21.3%)

自宅でインターネットを利用する場所
 「家の居間やリビング」 71.6%
 「自分の部屋」 8.2%
 (「自分の部屋」と答えた人は男子が16.7%、女子が6.0%)

1日のインターネットの利用時間
 「1時間〜2時間未満」 32.4%
 「30分〜1時間未満」 25.8%
 「2時間〜3時間未満」 15.0%

インターネットを使うときの家族内の約束
 「有料ゲームや買い物などお金がかかることはしない」 76.2%
 「よくわからないサイトに行かない」 75.8%
 「名前や住所など、個人情報は書いたり教えたりしない」 64.6%

(小中学生のインターネット利用に関する調査結果。調査は10月15日から18日まで、ネットリサーチサービス「キッズリサーチ」を用いて500件の有効回答)
—————–(引用、終了)————-

(以下、記事のURL)
「小中学生のネット利用、男子の16.7%が自室で〜ネットマイル調べ」
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20101117_407480.html

親の知らない子どものネット生活(アメリカ)

NN.comより.jpg

アメリカのティーンに関するおもしろいレポートを見つけました。「米国における13〜17歳のオンライン活動をまとめたレポート「親の知らない子供のオンライン生活」(米McAfee発表)」です。

まず顕著だったのは、ネットの利用状況は親には隠しており、どんなサイトにアクセスしたのかを親にわからないようにしていることです。

55% 「オンラインでの活動内容を親に隠している」
38% 「親が部屋に入ってきたとき、ブラウザーを閉じたり最小化したりする」
32% 「コンピューターを使った際、ブラウザーの履歴を消去している」

また、トラブルや犯罪に巻き込まれる可能性の高いネット利用をしています。

69% 「所在地など自分の状況をSNSで公開している人」
28% 「顔見知りでない人とオンライン上でチャットしている人」
14% 「2010年に何らかの形でネットいじめに関わったことを認めた人」

13歳といえば、日本の中学生です。周りの同年代のお子様のママに聞いたら、「うちの子はまだまだ子どもだから」とか「うちはパパが怖いから大丈夫」とおっしゃっていました。

アメリカに比べて、日本のネット利用はそれほど深刻ではないでしょうか。
実は、携帯電話がもっと普及している日本の子ども達の方が、もっと深刻な状況かもしれません…。

フィルタリングを導入しない理由に「子どもを信頼しているから」が良く上がります。
子どもがネットにアクセスするとき、フィルタリングがないのは、信頼ではなく、放任と同じだと言っても過言ではないでしょう。お子様を信頼するのと、放任するのは、見た目は似ていますが、中身は全く違いますよね。
今や、フィルタリングは「入れて当たり前」の時代が来ています。
お子様をネットの危険から守るために、質の良いフィルタリングソフトを入れることをお勧めします。

Net Nannyインターネットフィルタリング7は、全世界157カ国の導入実績のある、信頼できるパソコン向けのフィルタリングソフトです。
米トップテンレビューズ「インターネットフィルタリング部
門」で「5年連続No.1」の評価を得ています。(TopTenReviews(英文)はこちら

有害サイトへのアクセスをブロックするフィルタリングと、お子様のネット利用を把握するモニタリング機能を兼ね備えています。

2週間無料で
全ての機能をお試し頂ける無料体験版もございますの
で、ぜひご利用ください。(Net Nannyの詳細はこちら
(続く・・・)

さらに読む

子どもとインターネット、7~10歳の7割が利用(ドイツ)

FE040.jpg前回は日本の子どもがパソコンを利用し始める年齢について取り上げましたが、今回は、ドイツの子どものインターネット普及率を取り上げます。

「ドイツの家庭におけるインターネット使用状況の調査結果」(2009年)によると、年齢別の普及率は以下のようになります。多くの幼い子ども達がインターネットを利用していることがわかります。

  7~10歳 71%
 11~14歳 93%
 15~17歳 99%

その反面、インターネットの危険性から保護する取り組みはこれからのようです。

 50% ネット利用の時間制限が行われている
 38% ネット利用の内容について親と会話する
 32% 親が子供のWeb行動をコントロールできていない
 31% 学校での情報が不足している

独政府は、その対策として、「青少年向けのフィルタリングソフトのインストール」「親向けのサイトでアクセス可能なWebサイトについての情報を入手」「子供と会話することが重要」等を推奨しています。

インターネットは国境なきボーダレスの世界です。ドイツでも、日本でも、まずはフィルタリングソフトをインストールして、有害サイトをブロックしましょう。

さらに読む

お子様のパソコンの使い始めは?

GS018_72A.jpgお子様がパソコンを使い始めたのは何歳くらいでしょうか?

内閣府の調査(21年度)によると、「小学校3年生」がいちばん多く、小学校3年生以下で4割以上が使い始めているそうです。
そして、「小学校入学前」、つまり幼稚園や保育園の頃に使い始めたお子様が4%弱はいるそうです。

————-(内閣府の調査より、まとめ、引用)————————-
パソコンの使い始めは?(パソコンを使っている人に対しての質問)

「小学校3年生」 21.7%
「小学校4年生」 18.1%
「小学校5年生」 17.0%
「小学校1年生」  8.6%
「小学校2年生」  7.5%
「小学校6年生」  7.4%
「小学校入学前」  3.8%

————-(引用、終了)————————-

上の調査はパソコンを使っている人に対してですが、パソコンを使っていない人を含めても、「パソコンを小学生のうちに使い始める人が増えている」そうです。

————-(内閣府の調査より、まとめ、引用)————————-
パソコンを「小学校」から使い始めた人、(パソコンを使っていない人を含む)

高校生は約5割(52.6%)
中学生は約7割(72.5%)
小学生は約8割(77.0% )

————-(引用、終了)————————-

なお、すこし意外なことに「小学生では、女子の方がより小学校低学年で使い始めている傾向がみられる」そうです。

パソコンを使い始めれば、インターネットを使うのは時間の問題です。自由にインターネットにアクセスさせるかどうかはともかく、早めにパソコンにはフィルタリングを入れることをおすすめします。

(以下、調査結果のURL)
「平成21年度青少年のインターネット利用環境実態調査」
http://www8.cao.go.jp/youth/youth-harm/chousa/h21/net-jittai/pdf-index.html

インターネットの利用時間、ネットにはまるのは女子!?

先週に引き続き、子どものインターネット利用についての調査からです。

GS069_72A.jpg1日のインターネット利用時間は「1時間〜2時間未満」が32.5%と最も多く、「1時間未満」の32.3%を加えると、2時間未満の利用者が65%をしめます。逆に「5時間以上」が5%いました。
予想通り、学年があがるにつれて、インターネットの利用時間が長期化しています。

また「性別でみると、「1時間未満」では男の子が42.8%、女の子が32.8%、一方「2時間以上」では男の子が26.6%、女の子が34.2%」と、「インターネットの長時間利用は男の子よりも女の子に多い」という結果が出たそうです。女の子の3%弱が「6時間以上」と回答していました。

インターネットにはまりやすいのは男の子だと思っていたので、意外な結果でした。

インターネットを利用するときの約束事で最も多いのは「時間制限」「1日1時間以上やらない」 「夜8時まで」「やりすぎに注意する」といった時間に関する決めごとが最も多かったそうです。

1日1時間まで、といわれても、ネットは独特の魅力があり、大人でもネットをみているとあっという間に時間がたってしまいますよね。自分ではほんの30分のつもりが、気がついたら1時間以上たっていることもよくあります。

Net Nannyインターネットフィルタリング7は、もちろん「時間制限」の機能がついています。お子様が1日のうちに何回ネットに接続しても、合計時間をカウント、上限時間になるとネットに接続できなくなります。また、ネットにアクセスできる時間、できない時間を30分ごとに設定できますので、真夜中ごそごそとパソコンに向かうこともできませんね。(くわしくはこちら

(以下より引用)
小・中学生を対象に『インターネット利用』アンケート調査
http://research.netmile.co.jp/press/2009/press091117.html

中学生の2割弱、ネット利用は自室パソコン

前回に引き続き、調査結果によると、中学生の2割近くは自分の部屋のパソコンがあるようです。

————–(以下、記事より引用、一部まとめ)—————————
自宅のどこでインターネットにアクセスするか

66.7% 家の居間やリビング
12.2% 自分の部屋

学年別でみると、「自分の部屋」では小学校中学年・高学年が1割程度だったのに対し、中学生では2割近くに達しており、中学生になると、個人でのパソコン所有率も増加し、家族と一緒に過ごす場所ではなく一人でインターネットにアクセスする子どもが増えることが推測されます。
————–(引用、終了)—————————

GS177_72A.jpg中学生の2割弱は自分の部屋にパソコンがあり、自室からネット利用をしているようです。
もちろん、居間やリビングなど、親の目が届く所でパソコンを見ているからといって安心できるわけではありません。子どもの後ろにぴったりくっついて、ずっと画面を見つめていない限り、全てのサイトへのアクセスを見張ることはできませんよね。

そういうことはモニタリング(監視)機能がついているソフトにお任せしましょう。誰が、どのようなサイトに、いつアクセスしたかを全て記録し、わかりやすくグラフ化してくれます。

おすすめはお子様が利用するパソコン以外のパソコンから遠隔でレポートを見ることが出来るソフトウェアです。
特にお子様が自分の部屋のパソコンでネット利用をしている場合、お子様がいない時にこっそり入ってレポートを参照することになります。中学生にもなると、親が自分の部屋に無断で入ったことに反発しませんか。
親「こんな変なサイトを見ないで」子「俺の部屋に勝手に入るなよ」と話が平行線になるのは目に見えています。

Net Nannyインターネットフィルタリング7は、強力なモニタリング機能により、ほぼリアルタイムにお子様のネット利用を把握することができます。設定すれば携帯電話やパソコンに通知メールを送ることも出来ます。
そしておすすめのリモート管理、一度インストールしてしまえば、別のパソコンから、全ての設定を行ったり、ネット利用状況を見ることが出来ます。
2週間、無料で体験できる無料体験版もございますので、どうぞおためしください。(体験版はこちら

(以下より引用)
小・中学生を対象に『インターネット利用』アンケート調査
http://research.netmile.co.jp/press/2009/press091117.html

小中学生、ネット利用は自宅パソコンから

調査(※1)によると、小中学生がインターネットを利用する場所は、自宅のパソコンが多いようです。

————–(以下、記事より引用、まとめ)—————————
インターネットを利用する端末(複数回答)

96.3% パソコン 
25.1% ニンテンドーDS・DSLite・DSi
20.8% Wii
13.6% 携帯電話・PHS

インターネットを利用する場所

95.3% 自宅

————–(引用、終了)—————————

GS018_72A.jpg

調査対象にもよるかもしれませんが、思いのほか、パソコンの利用が多く感じました。
「パソコン以外でのインターネットへのアクセス方法は、携帯電話やPHSを持ち始めると、ゲーム機より頻度が多くなることが推測」されるそうです。

多くの子どもが、自宅のパソコンでインターネットにアクセスしているなら、まずは自宅のパソコンに信頼できるフィルタリングソフトを入れれば、ネットで起こるトラブルに巻き込まれる可能性を減らすことが出来ます。

Net Nannyインターネットフィルタリング7は、お子様が使われるパソコンに一度インストールすれば、その利用状況を別のパソコンから見ることが出来ます。たとえ、保護者の方が外出中でも、海外出張中でも、パソコンをネットに接続すれば、家のパソコンの利用状況を見ることが出来ます。

(以下、記事のURL)
「中学生の自宅ネット利用、2割弱が自室で〜ネットマイル調べ」
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20091117_329557.html

※1)バンダイナムコゲームスとネットマイルが10月15日から19日まで、小中学生が中心に参加する情報交換サイト「サークルリンク」登録会員を対象にインターネットで実施。514人から有効回答。