「ファイナル スマホ セキュリティ v2.0」、掲載されました

前回お伝えした「ファイナル スマホ セキュリティ」のバージョンアップ、
マスコミ各社に掲載されました。

その中から、2社の記事をご紹介します。(次頁に続く)

さらに読む

“スペクタープロ Android” 読売ネットデジタルに掲載

本日、読売ネットデジタル「超モバイル活用」に、


スペクタープロ Android が掲載されました。

題名は、”スマホ利用状況の把握でネットから子どもを守る”、
とてもわかりやすい説明ですので、ぜひご一読ください。

読売ネットデジタル「超モバイル活用」
http://www.yomiuri.co.jp/net/column/mobile/20120827-OYT8T00791.htm

Android向けフィルタリング「ファイナル スマホ セキュリティ」発売

本日、Androidスマートフォンやタブレット向けのウェブフィルタリングを発売いたしました。
商品名は、「ファイナル スマホ セキュリティ」です。

詳細は、http://oyako119.jp/smart/
をご参照ください。

各紙に掲載されましたが、その中からInternet Watchの掲載記事を以下に引用しました。
ご参考にして下さい。

さらに読む

NetNanny、Vectorのトップページに掲載

NetNanny(ネットナニー)が、Vectorのトップページに掲載されました。(8月26日)


vector-NN-1-2.png

     (画像をクリックすると、別ウィンドウに拡大画面が表示されます)

NetNannyのソフトレビューには、ソフトウェアの紹介文の他、「reviewer’s EYE」、「NetNannyのツボ」も紹介されています。ぜひ、ご一読ください。 

v-review_s.png
     (画像をクリックすると、Vectorのソフトウェアレビューが表示されます)



Vectorのトップページ http://www.vector.co.jp/ 

Vectorのソフトレビュー 
http://www.vector.co.jp/magazine/softnews/080826/n0808262.html?ref=top

企業向けフィルタリングソフト発売と、企業向けフィルタリング情報サイトの公開

企業向けインターネットフィルタリングソフトウェア「NetNanny企業情報インターネットフィルタリング」を発売いたしました。
それに伴い、企業向けフィルタリング情報サイト「NetNanny.jp」(URL: http://netnanny.jp/)を公開いたしました。

netnanny.jp.gif

フィルタリングソフト発売とサイト公開について、多くの媒体に掲載いただきました。ありがとうございます。

以下は、掲載していただいたサイトです。(8月25日現在、順不同)
(各社の保管期間がすぎると記事が削除されることがありますので、ご了承ください)

    Excite
    FIDELI
    Infoseek
    SEO TOOLS NEWS
    とれまが
    海 bizocean
    BizLoopサーチ
    goo ビジネスEX
    Yahoo!オンビジネス
    livedoor ニュース
    Open Tech Press

「読売ウィークリー」に掲載 ~メール通知で、ネット利用をリアルタイム把握

7月19日発売の「読売ウィークリー 8月3日号」(115頁)に、「Net Nanny 親子インターネットフィルタリング5.0」について掲載して頂きました。ありがとうございました。

雑誌(読売ウィークリー).jpg—————(読売ウィークリーより引用、開始)—————

子どもにパソコンを使わせる際、インターネットに接続されているときは、有害サイトへのアクセスに注意したい。そこで使えるのが、フィルタリングソフト。
「Net Nanny 親子インターネットフィルタリング5.0」は、「ポルノ」「成人向け」「憎悪/暴力」など有害サイトのジャンルを31に分類。それぞれのアクセスを「許可する」「警告する」「禁止する」の3段階に設定できる。

さらに、子どもがルールを破り、禁止したジャンルのサイトにアクセスした場合に、事前に登録した親のメールに知らせてくれる「メール通知機能」もある。子どもがどんなサイトを見ているのかが把握できる分、安心だ。
—————(引用、終了)—————



「メール通知機能」

子どもと話し合ってインターネット利用のルールを決めても、実際にネット利用の全てを把握するのは困難です。

そんなときに便利な機能が、フィルタリングソフトNet Nanny(ネットナニー)の「メール通知機能」です。

20080523.jpgメール通知機能は、子どもが「ブロック」「警告」に設定したジャンルのサイトにアクセスした場合、ほぼリアルタイムで、「事前に登録した親のメールに知らせてくれ」ます。

アクセスするたびにメールで通知されることにより、子どものインターネットの利用状況を把握することができます。

もちろん、子どもがたまたま有害サイトにアクセスしまうこともあるでしょう。
メールにはアクセスしたサイトのURLも表示されますので、サイトの内容を見ることもできます。

「31カテゴリーで分類」
Net Nannyは、キーワードをカテゴリー別に分類しています。子どもがサイトへアクセスするたびに、キーワードをチェックし、設定に応じて、そのサイトへのアクセスを「ブロック」「警告」「許可」します。

カテゴリーは全部で31あります。

NN-Filter.jpg
カテゴリーを設定する画面では、「ブロック」「警告」する可能性の高い10カテゴリを表示しています。

「ポルノ」「成人向け」「憎悪/暴力」「ギャンブル」「薬物/アルコール」「違法行為」「下着/水着」「チャットサイト」「プロキシを使用」「画像/動画検索」

それ以外に、「広告」「ゲーム」「出会い系」「宗教」「ショッピング」「金融/株」「音楽/娯楽」「ニュース」などの21カテゴリーがあり、子どもの年齢やそれぞれの事情により「ブロック」「警告」「許可」を設定できます。

「ブロック」「警告」したいサイトを細かく設定できることにより、インターネットの利便性を享受しながら、ネットの危険を回避することができますね。

Net Nanny は、親(保護者)と子どもたちが、安心してインターネットを利用するための環境づくりをお手伝いします。(Net Nannyの詳細はこちら

「特選街」に掲載 ~きめ細かいフィルタリング、ネット利用時間も管理

「特選街 8月号」の新製品紹介に、「Net Nanny 親子インターネットフィルタリング5.0」について掲載して頂きました。
ありがとうございました。

—————(特選街より引用、開始)—————
子供にパソコンを使わせるとき、最も心配なのは、インターネットの掲示板などを通して、トラブルや犯罪に巻き込まれることだろう。また、アダルト関連のサイトや出会い系サイトなど、見せたくない情報も多い。(中略)
(Net Nannyは)きめ細かいフィルター設定が可能なほか、曜日や時間でネットの利用制限したり、利用状況をメールで確認したりすることもできる。
—————(引用、終了)—————


「きめ細かいフィルター設定」
携帯電話のフィルタリングサービスは、20あまりのカテゴリーに分類して、ブラックリスト方式でフィルタリングするのが一般的です。

フィルタリングソフトNet Nanny(ネットナニー)は、31カテゴリーに分類されているので、子どもの年齢や関心に従って、細かくフィルター設定ができます。

NN-Filter.jpg
また、フィルターの方式も、有害サイトに頻出するキーワードやフレーズを見つけてブロックするので、新設サイトやURLを頻繁に変える悪質なサイトもブロックします。
もちろん、ブロックしたいサイトや閲覧したいサイトのURLを登録することもできます。


「ネットの利用時間を制限」
Net Nannyは、ユーザー別に、ネットの利用時間を設定できます。

・「許可する時間」 日または週で、ネットへのアクセスを許可する合計時間を設定できます。

・「タイムスケジュール」 30分ごとに、曜日と時間で、インターネットアクセスを許可するか、ブロックするか、設定できます。

NN-time schedule.jpg例えば、1日2時間まで、と設定すれば、「本日、残り○分です」と画面に表示され、時間になると、アクセスできなくなります。もちろん、細切れでアクセスしても、合計時間を自動計算します。

また、平日は朝と夜の時間帯だけ、土日は昼間の時間帯をブロックする、と設定すれば、時間外にお子様がインターネットにアクセスしようとしても、アクセスできません。

これで、ご家庭で話し合ったネット利用のルールを守ることができますね。

Net Nanny は、親(保護者)と子どもたちが、安心してインターネットを利用するための環境づくりをお手伝いします。(Net Nannyの詳細はこちら

「デジモノステーション」に掲載 ~3段階でアクセス制御

デジモノステーション8月号に、「Net Nanny 親子インターネットフィルタリング5.0」について掲載して頂きました。ありがとうございました。

—————(デジモノステーションより引用、開始)—————
ブロック、警告、許可の3段階で有害サイトへのアクセスを制御。例えばアダルトやギャンブルはブロック、チャットサイトは警告と、カテゴリに応じて設定できる。Web経由で子どものサイトアクセス状況を把握し、遠隔操作機能を使ってアクセスの禁止や許可も行なえる。
—————(引用、終了)—————

デジモノステーションはソニー・マガジンズから出ているデジタルグッズ情報月刊誌です。

フィルタリングは、アルサイトへのアクセスを「ブロック」するか「許可」の2段階が一般的です。
ただ頭ごなしにブロックするとお子様の反感を買い、フィルタリングを解除するように要求されるかもしれません。

20080523.jpg
フィルタリングソフトNet Nanny(ネットナニー)は、「ブロック」「警告」「許可」の3段階に設定できます。

「警告」は、お子様が設定したカテゴリーのサイトにアクセスするたびに、「警告されています」とメッセージが出ますが、お子様はそのままサイトを閲覧できます。アクセスしたサイトは、ログに記録され、設定すれば親(保護者)のメールに通知されます。

それをきっかけに、ネットの危険性やネット利用ルールについて、お子様と話し合うきっかけにすることもできますね。(Net Nannyの詳細はこちら


20080702-2.jpg

「PCFan」に掲載 ~合わせ技で有害サイトをブロック

PCFan7月1日号に「Net Nanny 親子インターネットフィルタリング5.0」について、カラー1ページで掲載して頂きました。ありがとうございました。

20080702.jpg

—————(PCFanより引用、開始)—————
「複数の手法を組み合わせ高い精度でブロック」
「有害サイトをブロックするアルゴリズムとしては、キーワードを分析するだけでなく、有害サイトに特徴的なパターンや有害サイトのURLリストなども利用することで認識率を向上させている」
—————(引用、終了)—————

フィルタリングの方法は、URL方式、キーワード方式などいくつかあり、それぞれメリット・デメリットがあります。

フィルタリングソフトNet Nanny(ネットナニー)は複数の方法を組み合わせて、有害サイトをブロックします。
有害サイトによく使われるキーワードやフレーズや、特徴的なパターンを分析して、有害サイトへのアクセスをブロックします。

また、Net Nannyは、あるサイトのURLを登録して、アクセスを許可したり、ブロックしたり、カテゴリー(ジャンル)別に登録することができます。

GS189_72A.jpg
ご家庭の状況によって、アクセスしたサイトやブロックしたいサイトはさまざまです。

例えば、中学生の息子さんの塾の掲示板へのアクセスは許可したいけれど、小学生の娘さんの学校裏サイトはブロックしたいでしょう。

Net Nannyは簡単な設定で、息子さんの塾のサイトにアクセスし、娘さんの学校裏サイトをブロックすることができます。

—————(PCFanより引用、開始)—————
「また、設定画面では「ポルノ」「ギャンブル」などジャンル別に許可・ブロックを設定できるほか、チャットなどブラウザ以外のソフトでもフィルタリングを行える。
ユニークなのは完全にブロックするのではなく、「警告」を発するようにも設定できるところだ。あまり厳しく管理すると子どもの反感を買うことになるので、ある程度の年齢に達すれば子どもに判断をゆだねてもよいだろう」
—————(引用、終了)—————

20080523.jpgサイトアクセスをカテゴリー(ジャンル)別に設定でき、「許可」「ブロック」だけではなく、「警告」も設定できます。

例えば、お子様が、「警告」に設定したカテゴリーのサイトにアクセスしたとしましょう。
「次のコンテンツは警告されています」とメッセージを表示しますが、「継続」ボタンを押すと、お子様は、引き続きサイトを閲覧できます。
ただ、お子様が「警告」サイトにアクセスしたことが記録され、(メール通知を設定した場合)親(管理者)にメール通知されます。(Net Nannyの詳細はこちら

20080702-2.jpg

「BCNランキング」に掲載 ~メールで有害サイトアクセスを通知

「Net Nanny 親子インターネットフィルタリング5.0」についてBCNランキングに掲載して頂きました。ありがとうございました。

(以下、記事より引用)
AOSテクノロジーズ、フィルタリング市場に参入、「ネットナニー」を国内で発売
「同ソフトは、悪質なキーワードやフレーズのデータベースをもとに、サイト上でキーワード同士の組み合わせや登場回数を解析することでブロックする「キーワードフィルタリング」が採用されている。世界中に販売されている強みを生かし、多言語対応で、ウェブサイトへのアクセスを「ブロック」「警告」「許可」の3段階で制限する。また、親がインターネットを介して子どものPCを管理したり、モニタリングすることを可能とした「遠隔操作」機能が特長となっている。eメールによる通知機能で有害サイトへのアクセス状況を把握することもできる。」
(2008年5月30日 BCNランキング)
http://bcnranking.jp/news/0805/080530_10829.html

20080625.jpg外出中に、お子様が家のパソコンで何を見ているか知りたいと思いませんか。もしあちこちの有害サイトにアクセスしていたら・・・、と不安になることもあるでしょう。

フィルタリングソフトNet Nanny(ネットナニー)は、eメールの通知機能があります。
「警告」「ブロック」設定をした有害サイトにアクセスすると、登録したアドレスにeメールを自動送信します。お子様が有害サイトにアクセスして「警告」「ブロック」されるたびにメールが送られてくるので、ほぼリアルタイムでお子様のネット利用状況を把握できます。

メールアドレスはパソコンはもちろん、携帯電話でもOK、複数のアドレスを登録できます。
またリモート(遠隔)で設定変更も可能ですので、オフィスにいるときはパソコン宛に、外出中は携帯電話宛にメール送信することも可能です。
対象のユーザも選択できるので、小中学生はメール通知をして、高校生は通知なしに設定することもできます。とても便利な機能ですね。

Net Nannyは2週間、無料で全ての機能を使える無料体験版があります。ぜひメール通知機能をお試しください。(無料体験版のダウンロードはこちらからどうぞ)