Net Nannyを使ってみよう ~お子様がパスワードを忘れたら?

「Net Nannyを使ってみよう」のコーナーでは、実際の画面を使って、フィルタリングソフトNetNanny
(ネットナニー)を、ちょこっと体験してみます。

お子様がパスワードを忘れてしまうことはよくあります。
「パパ~、パスワードがわからなくてインターネットが使えないから、Net Nannyをアンインストールしてよ~」
てなことを言うかどうかはわかりませんが、お子様が入力したパスワードはわからないことが多いでしょう。

でもNet Nannyなら問題ありません。
親(管理者)がお子様(ユーザ)の現在のパスワードを入力することなく、ユーザのパスワードを変更することが
できます。

ユーザのパスワードを変更するには、次の手順に従います。

1.管理ツールにログインし、お子様(ユーザ)を選択し [プロフィール設定] をクリックします。

2.新しいパスワードを入力して確認します。

3.作業が完了したら、[OK] をクリックして変更を保存します。

これで完了です。いつもどおり簡単です。

もちろん、リモート(インターネット環境に接続している別のパソコン)でも設定変更ができますので、
親(保護者)は職場や出張先からでも簡単に変更が出来ますよ。

Net Nannyを使ってみよう ~タイムゾーンを設定

「Net Nannyを使ってみよう」のコーナーでは、実際の画面を使って、フィルタリングソフトNetNanny
(ネットナニー)を、ちょこっと体験してみます。

先日、お客様からこのようなご質問を頂きました。
「子どもがインターネットを利用しないように、夜中に時間制限をしましたが、うまく動作しません。」
また、別のお客様からはこのようなご質問を頂きました。
「時間、曜日指定で夜、休日の時間制限をかけていますが、設定していない時刻に制限がかかっています。」

Net Nanny の時間管理やレポートなどの時間に関する機能を正しく動作させるには、タイム ゾーンを指定する必要があります。

時間制限などがうまく動作しないのは、NetNannyのタイムゾーンが正しく設定されていない可能性があります。管理ツールで、お住まいの地域のタイムゾーンが正しく選択されているか、ご確認ください。

注意)インストール時はGMT(グリニッジ標準時)となっているため、タイムスケジュールもGMT(日本時間-9時間の時差)で動作します。インストール時には、お住まいの地域にあわせて、タイムゾーンを変更してください。

タイム ゾーンを設定する方法には、次のとおりです。

1.管理ツールにログインし、[ツール] メニューから [タイム ゾーン] を選択します。

local-time 1.jpg

[タイム ゾーン] ダイアログが表示されます。

2.ドロップダウン リストから [タイム ゾーン] を選択します。
local-time 2.jpg3.[OK] をクリックします。
local-time 3.jpg:[ツール] メニューの[時間管理]-[タイムゾーン]からも設定できます。

これで完了です。もしお使いのNet Nannyの時間制限がうまく動作していない場合は、一度、管理ツールでご確認くださいね。

Net Nannyを使ってみよう ~管理者を増やす

「Net Nannyを使ってみよう」のコーナーでは、実際の画面を使って、フィルタリングソフトNetNanny
(ネットナニー)を、ちょこっと体験してみます。

Net Nannyには、”管理者”と”一般ユーザ”の2つのユーザがあります。

管理者だけができるのは管理ツールにアクセスすること。それにより、2つのことが可能になります。
  ・ユーザ設定画面にアクセスできる→ユーザの登録情報を作成、変更、削除できる
  ・レポート画面にアクセスできる→ユーザのネット利用状況を見ることができる

管理者には、2種類あります。
  ・第1管理者:インストールした時に作成され、この設定はアンインストールするまで存在する
  ・管理者特権を割り当てたユーザ:普通のユーザに管理者特権を割り当てて、管理者にする

例えば、父親がソフトをインストールして、レポートは母親や祖父母も見たいということは良くあります。
この場合、父親が第1管理者で、母親や祖父母のユーザを作成し、管理者特権を割り当てます。

既に作成したユーザに管理者特権を割り当てる方法は、以下のとおりです。

1.リモート管理ツールにアクセスし、ユーザをを選択し、[プロフィール設定] をクリックします。

remote-user 7.jpg2.[管理者] オプションにチェックを入れます。(ユーザに管理者特権を割り当てる)

remote-user 9.jpg3.[変更の保存] をクリックして、終了です。

いつもどおり設定は簡単です。
リモートもローカルでも、 [プロフィールの更新]を行えば、すぐに設定変更が反映されます。
母親や祖父母は、すぐにお子様のネット利用状況のレポートを閲覧することができますね。
もちろん、母親や祖父母も、別のパソコン(リモート)でNet Nannyの管理ツールにアクセスできます。
とても便利ですね。

Net Nannyは、すべての機能を、2週間無料でご使用頂ける無料体験版もございます。
ぜひお試しください。(無料体験版のダウンロードはこちら)

Net Nannyを使ってみよう ~リモートで時間管理

「Net Nannyを使ってみよう」のコーナーでは、実際の画面を使って、フィルタリングソフトNetNanny
(ネットナニー)を、ちょこっと体験してみます。

以前、ローカル(Net Nannyをインストールしたパソコン)での時間管理を取り上げましたので、
今回はリモート(インターネットにアクセスできるパソコンであればなんでもOK)でやってみしょう。

ローカル同様、リモートでも、以下の時間管理が簡単に設定できます。
 ・インターネット アクセスを許可、ブロックする時間帯を30分毎に設定曜日、日付、時刻
 ・インターネット アクセスを許可、ブロックする合計時間を設定日毎、週毎
 

時間管理を設定するには、次のとおりです。

1.リモート管理画面にアクセスして、ユーザを選択し、[時間管理] をクリックします。
 
remote-filter 6.jpg2.インターネット使用の合計時間(日毎や週毎)を制限するには、次のとおりです。

(1) [許可する時間の指定] を選択します。
(2) インターネットにアクセスする合計時間を数字でいれ、日または週 を選択します。
(3)[変更の保存] をクリックして、完了です。

3.特定の曜日や時刻の管理を設定するには、次のとおりです。

(1)時間管理を設定したい日(曜日など)を選択、[開始時刻] と [終了時刻] を数字で入れます。
(2) [許可] するか [ブロック] するかを選択します。
  下のブロックで、赤はインターネットアクセスが許可されず、緑は許可されます。
  ブロックは30分ごとで、ブロック上で変更することも出来ます。
(3)[変更の保存] をクリックして、完了です。

remote-filter 9.jpg設定は、いつもどおり、とても簡単ですね。

赤と緑のブロックが表示されることにより、インターネットにアクセスできる時間帯とできない
時間帯が視覚的にわかやすいと、ご好評を頂いております。

リモートならではの、美しい画面をどうぞお楽しみください。

Net Nannyを使ってみよう ~オーバーライド要求に答える

「Net Nannyを使ってみよう」では、フィルタリングソフトNet Nanny(ネットナニー)を、
実際の画面を見ながら、ちょこっと体験します。

お子様は、Webサイトにアクセスしようとして「ブロック」「警告」されると、まずは
「やりたいことが出来ないから、フィルタリングを解除してほしい」と要求される
ことはよくあります。
それが勉強用のサイトや塾のサイトだと、保護者の方はあわてて、フィルタリング
全てを解除してしまうこともあるようです。
フィルタリングを解除すると、お子様が見たいサイトへのアクセスのみ
ならず、有害サイトにもアクセスできるようになってしまいます。

フィルタリングを解除する必要はありません。
お子様が見たいサイトの内容を確認して、問題がなければ、そのサイト
だけを見れるようにすればいいのです。

「オーバーライド(上書き)」機能を使えば、フィルタリング全体を解除する
ことなく、あるサイトのブロックの解除やカテゴリの変更することができます。

今日は、お子様からのオーバーライド要求を「許可」したり、「拒否」してみましょう。
オーバーライド(Webアドレス)オーバーライド(アプリケーション)をご覧下さい)

保護者は、管理ツール で要求を確認して、要求ごとに承認または拒否することができます。

操作は次のとおりです。

1.管理ツールにログインし、家族設定[オーバーライド] -[オーバーライド要求] をクリックします。
  送信者、Webアドレス、要求されたアクションなどがリスト表示されます。

local-override 8.jpg2.項目を選択して、[選択された項目の承認] または [選択された項目の拒否] をクリックします。
  
local-override 10.jpg操作はこれで完了、新しい設定が直ちに有効になります。とても簡単ですね。

もちろん、リモートでも設定が出来ますので、例えば外出先でもお子様のオーバーライド要求を
処理することができますよ。

Net Nannyは、すべての機能を、2週間無料でご使用頂ける無料体験版もございます。
ぜひお試しください。(無料体験版のダウンロードはこちら)

さらに読む

Net Nannyを使ってみよう ~インターネットサービスのアクセス設定

「Net Nannyを使ってみよう」では、フィルタリングソフトNet Nanny(ネットナニー)を、
実際の画面を見ながら、ちょこっと体験します。

今日は、インターネット サービスへのアクセスを設定する方法を見てみましょう。

NetNannyでは、以下のインターネットサービへのアクセスを制御することができます。
お子様ごと(ユーザごと)に、別々に許可したりブロックすることができます。

・Web サイトの表示
・インスタント メッセージ (Yahoo!、AOL、MSN、QQ、Google
Talk、MySpace IM)
・インターネット チャット
・ニュースグループ
・ピア ツー ピア
サービス

local-filter 7.jpg                    (絵をクリックすると、拡大表示されます)

設定の方法は以下のとおりです。

1.管理ツールにログインして、ユーザを選択し、 [フィルタ設定] をクリックします。

2.[次へのアクセスを許可する] で、ユーザがアクセスできるようにしたいサービスを選択します。
local-filter 8.jpg3.[OK] をクリックして設定は完了です。

いつもながら、設定はとても簡単ですね。
リモート管理を使えば、外出中でも、インターネットに接続して設定を変更できます。

Net Nannyは、すべての機能を、2週間無料でご使用頂ける無料体験版もございます。
ぜひお試しください。(無料体験版のダウンロードはこちら)

さらに読む

Net Nannyを使ってみよう ~リモートでプロフィールを変更

「Net Nannyを使ってみよう」では、フィルタリングソフトNet Nanny(ネットナニー)を、
実際の画面を見ながら、ちょこっと体験します。

今日は、リモート管理でユーザプロフィール(ユーザ設定)を変更してみましょう。

親(管理者)はリモートで、すべてのプロフィール設定 (メール アドレス、パスワード、
表示名など) を変更できます。
お子様が使うパソコンにNet Nannyを1度インストールすれば、後はインターネットに
接続している別のパソコンから、自由にユーザプロフィールを変更できるのです。

ユーザ プロフィール設定を変更するには、次のとおりです。

1.リモート管理にログインし、ユーザを選択、[プロフィール設定] をクリックします。

remote-user 7.jpg2.あとは、全てのユーザの、全ての設定を変更できます。

例えば・・・(ユーザ=お子様)
 ・ユーザのメール アドレスを変更する→[メール] フィールドで新しいアドレスを入力
 ・ユーザのパスワードを変更する  →新しいパスワードを入力
 ・ユーザに管理者特権を割り当てたい→[管理者] チェック ボックスを選択
 ・ユーザにオーバーライド特権を割り当てたい
          →[ブロックされたメッセージのオーバーライド] を選択

remote-user 8.jpg3.[変更の保存] をクリックして完了です。とても簡単ですね。

Net Nannyは、すべての機能を、2週間無料でご使用頂ける無料体験版もございます。
ぜひお試しください。(無料体験版のダウンロードはこちら)

さらに読む

Net Nannyを使ってみよう ~オーバーライド(アプリケーション)

「Net Nannyを使ってみよう」のでは、実際の画面を使って、フィルタリングソフトNet Nanny(ネットナニー)を、ちょこっと体験します。今日は、Net Nannyの代表的な機能であるオーバーライド機能を体験しましょう。

NetNannyをインストールすると、他のソフトウェアと競合することがあります。
例えば、オンライン ゲームや金融ソフトウェアなどの、インターネット
アクセスが必要なアプリケーションがある場合、NetNannyがブロックしてしまうことがあります。

そういうときに役に立つのが、「アプリケーションオーバーライド」!

使いたいアプリケーションをオーバーライドすれば、それらのソフトウェアがインターネットにア
クセスしようとしたとき Net Nanny が妨害することはありません。

操作方法は次のとおりです。(管理者のみ)

1.管理ツールにログインして、 [アプリケーションオーバーライド] をクリックします。
  remote-override 3 .jpg2.アプリケーションの実行ファイル名を入力します。

  ①[実行ファイル名を入力] オプションをクリックします。 

  ②アプリケーション実行ファイルの完全ファイル名を入力し、[追加] をクリックします。 

remote-override 7 .jpg
これで設定は完了です。

設定を有効にするために、パソコン本体を再起動してください。すぐにゲームや金融ソフトウェアを使うことができます。

Net Nannyは、すべての機能を、2週間無料でご使用頂ける無料体験版もございます。ぜひお試しください。(無料体験版のダウンロードはこちら)(続く・・・)

さらに読む

Net Nannyを使ってみよう ~インターネットゲームのアクセスを設定

「Net Nannyを使ってみよう」のコーナーでは、実際の画面を使って、フィルタリングソフトNet Nanny(ネットナニー)を、ちょこっと体験してみます。

Net Nannyは、インターネットゲームのアクセスを許可するか拒否するかを選択することができます。
QQ Game、Ourgate、CGA、MIR3、Lineage2、Rainbowland、Xyonline2の7つが選択できます。

設定は次のとおりです。

1.管理画面にログインして、ユーザを選択し、[インターネットゲーム] をクリックします。

remote-filter 4.jpg

2.ユーザにアクセスを許可するゲームを選択して、[変更の保存]をクリックします。
  (禁止する場合は、チェックをはずします)

remote-filter 5.jpg
これで設定は完了です。拍子抜けするくらい簡単ですね。

Net Nannyは、すべての機能を2週間無料でご使用頂ける無料体験版もございます。ぜひお試しください。(無料体験版のダウンロードはこちら)

(過去ブログ 「Net Nannyを使ってみよう」もご覧下さい)
  ・オーバーライド(Webアドレス)

体験版から製品版への購入方法は?
2つのユーザモード
ローカル管理とリモート管理
Webレポートを設定しよう
レポートを参照しよう
警告メッセージ
時間管理を設定しよう 
メール通知を設定しよう
ユーザを作成しよう
フィルタリングをカテゴリ別に設定しよう

Net Nannyを使ってみよう ~オーバーライド(Webアドレス)

「Net Nannyを使ってみよう」のコーナーでは、実際の画面を使って、フィルタリングソフトNet Nanny(ネットナニー)を、ちょこっと体験してみます。

今日は、Net Nannyの代表的な機能であるオーバーライド機能を体験しましょう。
(オーバーライド機能については、過去ブログNet Nannyの特徴 ~オーバーライド機能をご覧下さい)

お子様がインターネットを使うと、「このサイトだけは見られるようにしたい」とか「このサイトは見てほしくない」ということがよく起こります。例えば、塾や習い事の掲示板だけは見れるようにしたい、とか、子どもの学校裏サイトだけはブロックしたい、とか。

しかし、フィルタリングの設定は万人向けであり、それぞれのご家庭の要望に合わないサイトが見えてしまったり、見えなかったりすることは起こりえます。

そういうときに役に立つのが、「Webアドレスオーバーライド」!

Webアドレスオーバーライドを使えば、ある特定のサイトを「閲覧可能」にしたり、「ブロック」したり、別のカテゴリに設定することができます。

操作方法は次のようなものです。(管理者のみ)

1.管理ツールにログインして、 [オーバーライド] をクリックします。

2.Web オーバーライド タブを選択し、オーバーライドしたい URL を入力します(URLのコピー&ペーストも可)。

local-override 2.jpg3.[次の項目に変更する] のドロップダウン メニューから、選択します。

  ●[許可] を選択 →そのサイトを常に許可する
  ● [ブロック] を選択 →そのサイトを常にブロックする
  ●コンテンツ カテゴリを選択

4.[追加] →[OK] をクリックします。

これで設定は完了です。簡単ですね。
設定は直後に反映されますので、お子様はすぐに塾や習い事のサイトを見ることができますよ。

さらに読む