ネットで、未成年が未成年を売春

最近、あきれるような事件が続いています。

「インターネットの掲示板に「お小遣いをあげる」などと書き込」み、18歳少女15歳の男子高校生にわいせつ行為をして逮捕されました。

—————(以下、サイトより引用)——————
生活安全企画課によると、少女は7月末、携帯電話のネット掲示板に「17歳までの男の子募集」「家賃、生活費、性欲もサポート」と投稿。書き込みに応じた大阪府内の男子高校生に対し、自宅でわいせつ行為をした疑いがある。掲示板の閲覧者が県警に通報して発覚した。
—————(引用、終了)——————

また今月始めには、中学2年生の男子生徒が出会い系サイトを通じて知り合った中学1年生の少女を売春して書類送検されています。

—————(以下、サイトより引用)——————
発表によると、男子生徒は中学2年だった今年2月20日夕、出会い系サイト「援交 掲示板!」に「男性18歳 かなり金あるから来て」などと書き込み、連絡をしてきた同県相模原市の中学1年の少女に対し、3月1日夕に同市内のトイレで6万円を渡してわいせつな行為をした疑いがある。男子生徒は「6万円はお年玉と小遣いをためた」と話しているという。
—————(引用、終了)——————

ネットでも、この事件は話題になっているようです。
子どもが子どもを売春するなど、想像もつきませんでした。
子どもの頃、ドラマの金八先生シリーズで中学生が妊娠するシーンに驚愕した記憶がありますが、最近のドラマでは10代前半の女の子の妊娠が書かれ、そのアプローチの違いに、時代の違いを感じました。

今回の事件は、被害者(この場合、被害者といっていいかどうか疑問ですが)は両方とも中学生、それもインターネットの出会い系サイトで知り合った見ず知らずの中学生です。
子ども達の感覚がおかしくなっているのか、このような事件が氷山の一角ではないことを祈るばかりです。

お子様がフィルタリングなしでインターネットにアクセスするのは、とても危険です。
お子様の携帯電話とパソコンにはフィルタリングを入れましょう。

20080421.jpgフィルタリングソフトNet Nanny(ネットナニー)は、有害サイトへのアクセスを
ブロックするフィルタリング機能と、インターネットの利用を把握するモニタリン
グ機能を兼ね備えています。

リモート(遠隔)機能によって、一度インストールしてしまえば、外出先から
でも、インターネット経由で自宅のパソコンを設定したり、レポートを閲覧する
ことができます。
お子様が有害サイトにアクセスしたことを通知するメール機能もあります。

Net Nanny は、子どもたちが、安心してインターネットを利用するための環境づくりをお手伝いします。
Net Nannyの詳細はこちら)

(以下、記事のURL)
「18歳少女、15歳の男子高校生を買春容疑 神戸」
http://www.asahi.com/national/update/0929/OSK200909290093.html

「中1少女を買春した容疑 中3少年を書類送検 神奈川」(掲載期間終了のため、削除)
http://cdn.asahi.com/national/update/0901/TKY200909010103.html

ネットの出会いは、出会い系サイトからプロフへ

去年12月に出会いサイト規制法が改正されたことにより、児童買春を目的としたネット上の出会いの場は、出会い系サイトから”プロフ“や”家出サイト(家出掲示板)“等へシフトしているようです。

GS177_72A.jpg———–(以下、記事より引用)——————
「メールちょうだい」と呼びかける女子高生のプロフや、家出少女が宿泊場所を探す「家出サイト」……。ネット上では、出会い系サイトの規制強化の影響で、児童買春に絡む危うい書き込みはプロフなどに移り、ネット業者による監視も追いついていない。(中略)

警察庁によると、昨年上半期に出会い系サイトに関係して摘発した児童買春などの被害児童は356人。前年同期に比べ41%も減少したのに対し、出会い系以外のサイトに絡んだ事件の被害児童は388人に上る。
———–(引用、終了)——————

“家出サイト”のような出会い系まがいのサイトが増えており、サイト運営者も苦慮しているようです。
親(保護者)は、お子様がそのようなサイトを通して、事件に巻き込まれないように、インターネットの利用についてのルール作りをしましょう。そして、パソコンや携帯電話にはフィルタリングを入れましょう。

20080421.jpgフィルタリングソフトNet Nanny(ネットナニー)は、キーワードをカテゴリー別に
分類し、サイトへアクセスするたびに、キーワードをチェックします。
カテゴリーは全部で31、「ポルノ」「憎悪/暴力」「ギャンブル」「薬物/アルコール」
「出会い系」「違法行為」「下着/水着」「チャットサイト」などを設定できます。

Net Nanny は、子どもたちが、安心してインターネットを利用するための環境づくりを
お手伝いします。(Net Nannyの詳細はこちら

(過去ブログ「プロフとは?~プロフによる殺人事件発生」「家出掲示板、知っていますか?」もご覧下さい)

さらに読む

プロフとは?~ついに、プロフによる殺人事件が発生

プロフとは、インターネット上の自分紹介(プロフィール)サイトのことです。

—————(知恵蔵より引用、開始)—————
「携帯電話の自己紹介サイトで、「プロフィールをのせたサイト」の略。Q&A方式で氏名、誕生日、趣味などを登録しておくと、無料で簡単にプロフィールサイトが作られ、アドレスを教えた相手に自分のプロフィールを知ってもらえるということで、中高生の間で人気となった。名刺代わりにプロフのアドレスを交換することも多いという。」
http://chiezou.jp/word/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%95
—————(引用、終了)—————

GS068_72A.jpgプロフは、携帯電話で簡単に作成できます。
「性別」「生年月日」「趣味」「好きな映画」など、決められた質問に答えていくと、自分の自己紹介(プロフィール)ホームページが作成できます。

技術的な知識がなくても、簡単に作成でき、写真ものせられ、パソコンでも携帯でも見ることができます。

ブログやSNSに比べて、簡単で、手軽に携帯電話で作成し、携帯電話で閲覧できることにより、中高生、特に女子高生を中心に人気です。女子高生の半数近くがプロフを持っているという説もあるそうです。

ちなみに、音が似ていますが、「ブ(Bu)ログ」はオンライン上の日記、「プ(Pu)ロフ」はオンライン上の自己紹介(プロフィール)です。

プロフは2002年頃に開始したサービスで、4~5年前、携帯電話会社のパケット定額制開始により、10~20代のプロフユーザが増えたそうです。ある調査(2007年、首都圏121人の女子高生対象)によると、88%が「パケット定額制」「パケ放題」を利用していると答えています。

女子高生は、携帯電話でお互いのプロフを見せ合ったり、URLを教えあったり、携帯電話の赤外線通信を通じて、名刺のようにプロフの交換をするそうです。
「友達の友達は友達だから大丈夫」という感覚で、友達同士でプロフ情報を交換しあい、実際に面識がないプロフ友達を数十人もいる子もいるそうです。

ためしに、ネットで検索してみると、たくさんの写真入りプロフにアクセスできました。女子高生のアップの顔写真が掲載され、個人情報も載ってします。

GS070_72A.jpg便利なプロフですが、ネット特有の問題点も指摘され始めています。

自分の顔写真やメールなどの個人情報が勝手に公開されたり、出会い系サイト代わりにプロフを介して援助交際をしたり、本人になりすまして偽プロフを作っていじめたり、「プロフ読みました」という迷惑メールが送られてきたり、ということも起きているようです。

去年までは、プロフが原因の事件はあまりなかったのですが、最近、傷害事件や殺人事件が起きています。

今年4月には、17歳の無職少年が14歳の男子中学生を金属バッドで殴り、殺人未遂で逮捕されました。「プロフィールサイト(プロフ)で中傷されたので、呼び出して諌めようと思ったが、生意気な態度だったのでかっとなって殴った」と供述しています。

7月22日には、15歳の無職少年が私立高校1年の15歳少年を暴行し、死亡させました。傷害致死容疑で逮捕された少年は「プロフに、ギターを弾く人は好ましくないとの趣旨の書き込みをしたことに、無職少年が腹を立てた」と説明しています。

ついに出たか、という感じですが、これからも問題が起こっていく可能性はあるでしょう。

プロフはフィルタリングソフトでは検索しづらいといわれています。記載されている情報が個人的なので、一般的なキーワードにはひっかからず、また、プロフサイトそのものを有害サイトとするかどうかは議論が分かれるところです。

20080626.jpgフィルタリングソフトNet Nanny(ネットナニー)は、有害サイトのアクセスをブロックするフィルタリング機能はもちろん、ネット利用を把握するためのモニタリング機能も充実しています。

レポート機能で、どのサイトにどれだけアクセスしたかを見ることもできるので、お子様がネットで何をしているのか把握することができます。

2週間無料で全ての機能をお試し頂ける無料体験版もございますので、ぜひご利用ください。(無料体験版はこちら)(続く・・・)

さらに読む

アメリカでも話題に、日本のネットいじめ ~その2

日本の子どもたちの”ネットいじめ”が、アメリカでも話題になっています。
これについて、アメリカのContentWatch社(Net Nannyを開発)は「両親が子供達のPC使用状況をNet Nannyでモニターする事で、事件を防ぐ対策になる」とコメントしています。(Net Nannyの詳細はこちら

記事にもありますが、ネット上でのいじめが表に出にくい原因の1つは、親や教師の技術力不足があります。携帯電話やパソコンの使い方は子どものほうが上だということもよくあるでしょう。そうだとしても、あきらめてしまっては、子どもが危険に巻き込まれるかもしれません。技術力はなくても、経験豊富で判断力がある大人が子どもを守らなくてはいけません。

フィルタリングソフトNet Nanny(ネットナニー)があれば、簡単な操作で有害サイトへのアクセスをブロック(フィルタリング)し、お子さまが「いつ」「どのようなサイト」に、「どれくらい」アクセスしているのか、簡単に把握(モニタリング)できます。インストールや設定も簡単です。
Net Nanny は、子どもたちが安心してインターネットを利用するための環境づくりをお手伝いします(続く・・・)

さらに読む