親子サイトのご紹介(夏休み向け) その2

8月もあと少し、長かった夏休みも終わりが近づいています。もう新学期が始まった学校もあるそうですね。
ラストスパートがかかる宿題のお手伝いをするサイトをご紹介します。

「InternetWatch リンク集 台風シーズン直前!気象・防災情報サイトで地震と豪雨を学ぶ」
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/link/20100827_389510.html

今年は異常に暑い日が続いていますね。熱中症対策もかねて、気象についての関心は高まるばかりではないかと思います。
「今回は、台風や地震情報のチェックに便利な気象サイト、緊急時の対処法がまとめられている総合防災情報サイト」です。

「InternetWatch リンク集 夏休みの宿題・自由研究特集後編」
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/link/20100723_382336.html

こちらも去年も紹介しましたが、「調べ学習や図画工作、天気関連のウェブサイトを集めた」リンク集です。

以下は、子ども向けニュースサイトです。どうぞご参考にしてください。

「教育ワンダーランド@読売」
http://www.yomiuri.co.jp/education/

「産経こどもニュース」
http://www.sankeikids.com/index.php

「日経新聞 子どもニュース」
http://www.nikkei.com/life/family/

「Yahoo!きっずニュース」
http://news.kids.yahoo.co.jp/

親子サイトのご紹介(夏休み向け) その1

P1030781.jpg

8月に入り、夏もいよいよ本番です。
恒例の夏休みの宿題のヒントになるサイトをご紹介します。

「日経新聞 親子で学ぶ夏休み 株式市場の観察」
http://www.natsuyasumi.jp/

去年もご紹介しましたが、実在する会社の株価を10日間以上観察して、夏休みの自由研究にしよう、というサイトです。
小学生の息子も実際にやっていましたが、株価の変化がゲーム感覚で楽しく思えるようで、普段余り関心をもたないニュースにも反応していました。

「InternetWatch リンク集 夏休みの宿題・自由研究特集前編」
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/link/20100723_382336.html

こちらも去年も紹介しましたが、「宿題消化方針を決めるのにピッタリなキッズ向けサイト、読書感想文、行楽地などで実施される宿題対策イベントの情報」です。

お子様が新学期直前でパニックに陥らないように、ヒントとなるサイトをご活用ください。

夏休み企画のご紹介 その2

P1020968.jpg今日は動物園のイベントのご紹介をします。

「うちの子は動物園なんて、もう飽き飽きよ〜」というご家庭もあるかと思いますが、普通の動物園とは違うアプローチで、動物園を楽しんで頂くことができます。

東武動物公園 「夜の動物公園地探検隊!」
 日時:7月28日(水)〜29日(木)17時〜翌朝9時
 参加者:小学4年生〜6年生
 参加費:13,000円/人
「閉園後の動物園遊園地で飼育係と共に楽しんでいただきます。
遊園地では、アトラクションを貸しきり気分で楽しみ、動物園では動物園探索やホワイトタイガー・ペンギンの餌やりを体験していただけます。その後は,トッピー広場にテントを張り、キャンプもお楽しみいただけます。」
http://www.tobuzoo.com/cgi-bin/event/event_index.php?tpcs=00422

よみうりランド「アシカの飼育係のチャレンジ!」
 日時:7月21日、28日、8月4日 10時〜14時頃(予定)
 参加者:小学1年生〜6年生
 参加費:1,000円/人
「ショーで活躍するアシカの世話、ショー見学、トレーナー体験、記念撮影など」
http://www.yomiuriland.co.jp/news/2010/07/999999_10.html

また、人気の夜の動物園は、こんな感じで開催しています。
 上野動物園 8月10日(火)〜16日(月) 〜20時まで
  http://www.tokyo-zoo.net/topic/topics_detail?kind=event&inst=ueno&link_num=15179

 多摩動物公園 8月の土曜日、日曜日、お盆期間 〜20時まで
http://www.tokyo-zoo.net/topic/topics_detail?kind=event&inst=tama&link_num=15296
 
 よこはま動物園ズーラシア  8月の毎週土曜日、日曜日 〜20時半まで 
http://www.zoorasia.org/event/10night/10night.html

引っ越し情報はネットで

FE078.jpg

来月から娘がいよいよ一人暮らしを始める。親バカの僕は、もう娘とは一緒に暮らせないのかと思うと、子供部屋の前を通るたびに、涙が出そうになる。

来月からの仕送りが家計を圧迫するのは目に見えているが…。がんばって奨学金でも取ってくれないかと期待したが、このご時世、難しかったようだ。
娘が独立するまでの数年間、いっちょ踏ん張って稼ぐぞ!!

今はもっぱら、せうまく新生活のスタートをきれるように、いい情報を集めている。娘におかしな虫がつかないように、誰か教えてくれないもんかねぇ…

さて、またしてもドラマ仕立てにしてみました。
4月からの新生活に向けての準備はお進みですか?
4月から一人暮らしを始めるお子様も多いかと思います。
また就職されるお子様もいらっしゃるかと思います。
お子様のための新生活情報のリンク集をご紹介しますので、ご参考にしてください。

「リンク集 一人暮らしの不安はこれで解消! お役立ちサイト特集2010」
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/link/20100305_352702.html

花粉症情報はネットで

GS050_72A.jpg「くっ、くしゃん」今年最初の花粉症のくしゃみが飛び出した。そう、花粉症の方ならば、あの唐突なくしゃみのことだとおわかりになるだろう。
まだ2月だというのに、さっそく花粉症になってしまった。こういうところだけは流行に敏感な私、と自重気味につぶやく。
夫婦そろって重度の花粉症、去年から、小学生の子供も花粉症デビュー、うちは花粉症一家だ。そういえば最近は2〜3歳の幼児も花粉症になるときいたことがある。
これから数ヶ月は、家族のために、朝起きたらさっそくネットで花粉症情報をチェックすることが、日課になるだろう。

今日は、ストーリー仕立てにしてみました。
インフルエンザがおさまったと思ったら、さっそく花粉症の季節がスタートです。
花粉症の情報はネット検索が最適です。花粉症関係者の皆様は、花粉症のリンク集をご参考にして下さい。
なお、文頭のストーリーは筆者の体験談です。どうでもいいことですが…。

(以下、リンク集のURL)
「リンク集  花粉シーズン到来……対策をネットで学ぼう」
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/link/20100219_349874.html

親子サイト情報 ~子どものための農業教室

秋も深まり、いよいよ紅葉の季節、食卓にはおいしい新米がのるようになりました。
また学校や幼稚園の遠足などで、芋掘りをしたり、りんご狩り等をすることもあるでしょう。

せっかくの実体験、ただ「あ~、おいしかった」だけでは、もったいないです。

そこで今日ご紹介するのが、農林水産省のサイト、小中学生向けの「子どものための農業教室」です。
おいしい新米のおこめについてはもちろん、お芋についても絵入りで詳しく載っています。
おせち料理やカレーライス、みそしるの材料がどこから来たのか、なかなか面白い視点で、説明しています。

収穫の秋に、おいしいものをたくさん食べながら、農業教室に参加してみるのはいかがでしょうか。

http://www.maff.go.jp/j/agri_school/(農林水産省、子どものための農業教室)

親子サイト情報 ~ベルリンの壁崩壊から20年

1989年11月に東西冷戦の象徴だったベルリンの壁が崩壊してから、もう20年がたちます。

先日、ドイツ大使館の前を通ったら、大使館の外壁一面にベルリンの壁に関する写真が貼られていました。
「壁による分断から東西ドイツ統一までの歴史を写真で振り返ってもらおうと同大使館が企画」した写真展で、壁が建設されたときの写真や、壁を乗り越えようとして射殺された人の写真、などもあり、そのショッキングな写真に足が釘付けになりました。
ベルリンの壁が崩壊した夜の写真からは、当時の熱狂的な興奮が伝わってくるようでした。

今日の親子サイト情報は、毎日JPの「月刊 Newsがわかる」より、『「ベルリンの壁」崩壊から20年』のシリーズです。

子供向けサイトですので、シンプルにわかりやすく、なぜベルリンの壁が建設され、何が起こったのかがまとまっています。4回シリーズで、東西冷戦や、壁の崩壊後の東ヨーロッパの20年前と今がまとまっており、内容は盛りだくさんです。

ドイツ大使館の外壁を利用した写真展は11月27日までだそうです。
親子でベルリンの壁にまつわる歴史を学んだ後に、一緒にドイツ大使館の壁の写真展を見に行くのはいかがでしょうか。

さらに読む

親子サイト情報 ~地震の謎にせまる

最近、地震や津波のニュースを目にすることが増えてきました。
日本は世界有数の地震大国、いつ地震が起こってもフシギではないと言われ続けてきました。

今日ご紹介するのは、政府の地震調査研究推進本部のサイト「地球キッズ探検隊-地震の謎にせまる-」です。対象は小学校高学年から中学生です。

政府機関だけあって、あちこちにアニメーションを多用したわかりやすい画面です。
まず「わがまちに地震発生!」では、夜の7時の家族団らん中に、大地震が起きたことを想定して、避難するまでの流れを見ることができます。
また、地震がおこる仕組みや日本に地震が多い理由等、少々難しめの内容がアニメーションによってわかりやすく説明されています。

あいまいだったマグニチュード(M)と震度の違いも、このサイトを見たらよくわかりました。「マグニチュードが1大きくなると、地震のエネルギーは約32倍に」なり、M8はM6の1000倍になるそうです。

いつもながら、子ども向けサイトはとても勉強になりますね。

(以下、サイトのURL)
「地球キッズ探検隊-地震の謎にせまる-」
http://www.jishin.go.jp/kids/index2.html

「地球キッズ探検隊、地震の仕組み早わかり」
http://netplus.nikkei.co.jp/netnavi/kodomo/kod090521.html

親子サイト情報 ~出前授業「しょうゆ塾」

和食が大好きな私にとって、「しょうゆ」は毎日使うとても身近な存在、そのしょうゆの原料に小麦が使われていることを、最近、初めて知りました。小麦アレルギーのお子さんを持つ友人がしょうゆ選びに苦労している話を聞いて、びっくり。

さて、しょうゆのことはしょうゆ作りのプロに聞くのが一番、今日ご紹介するのは、キッコーマンが行っている出前授業「しょうゆ塾」です。

—————(以下、サイトより引用)——————
食育活動の一環として、小学生(主に中学年)を対象とした出前授業「キッコーマン・しょうゆ塾」を実施しています。キッコーマン社員が扮するしょうゆ博士とアシスタントが楽しく学習を進める、オリジナルのプログラムです。
—————(引用、終了)——————

一コマ45分で無料です。しょうゆ塾では、「原材料である大豆・小麦・塩を「耳」で、「目」で、そして手で触って確認」したり、「しょうゆが日頃どのように使われているか、どのような食品に使われているかを考え」たり、身近な存在であるしょうゆの秘密についてせまります。

そういえば、海外在住の友人が来日中に、お子さん連れでしょうゆ工場を見学に行きました。
日本にいると当たり前になってしまう日本の文化ですが、工場見学をしたり、出前授業を受けたりすると、お子様はもちろん保護者の方も理解が深まるでしょうね。

キッコーマン・しょうゆ塾のサイトはこちらです。 http://www.kikkoman.co.jp/shokuiku/demae/shouyujuku.html

親子サイト情報 ~インターネット上の違法・有害情報対策

今日ご紹介するのは、内閣府のサイト、「インターネット上の違法・有害情報対策」です。

「インターネット上の違法・有害情報対策に関する政府等の取組や青少年を有害情報環境から守るための情報を提供するポータルサイト」です。

現時点の取組がわかりやすくまとまっています。当ブログでも随時取り上げようと思っておりますが、関心のある方はご一読ください。

http://www.it-anshin.go.jp/ (内閣府のサイト)