アダルトサイト相談 初めて第1位に 〜消費生活センター

GS029_72A.jpg「もぉ〜、聞いてよ。うちの子がやっちゃったのよ!!!」

姉からの電話に出たとたん、激怒の声。

この残暑がこたえているんだから、もうちょいおだやかに話してほしいもんだ、という
私の希望など、、、とても言える雰囲気はない。

「スマホ買ってあげたら、その日に真っ青な顔で、すっ飛んできて、何かと思ったら
 アダルトサイトからの請求ですって。10万円なんてあったら、ハワイ行ってるわよ」

そりゃそーだ、私も一緒に行きたい、いやそうじゃなくて。
あなたの息子、中学1年生にして、もうそんな趣味あったんですか?

「問いつめたら、あせって何回かクリックしたら、急に請求されたって言うのよぉ」

おっと、それなら、警察か、消費生活センターに相談するしかなかろう。

「なによ、その消費生活センターって」

…おいおい、何十年も日本人やっていて、おまけに10年以上も人の親やってるんだから、
知っといた方がいい存在ですけど。。。。

このブログを読んでいらっしゃる皆様は、消費生活センターはご存知でしょうか。

その消費生活センターによせられた相談で、アダルトサイトについての相談が
2011年は最多で、第一位になったそうです。

相談内容は、アダルトサイトにアクセスしたら請求画面が張り付いた、とか。
アダルトサイトの広告をクリックして、請求を無視したら、電話がかかってきた、とか。
甥っ子は、ある意味、流行の最先端をいっていたのでした。

インターネットに接続する全ての機器は、注意が必要です。

「子どもが使う場合には、フィルタリングの設定をするなど、保護者が確認し注意すること」(消費センター)

被害にあったお子様の65%は、サイト利用について、親から注意を受けていなかったそうです。
詳しくは、当社サイト こどものPC、スマホをすべて見ていますか?  をご覧下さい。

お子様が利用するパソコン、スマホ等には、フィルタリングを必ず入れましょう。(続く…)

さらに読む

インターネットホットラインセンターとは

インターネットホットラインセンターをご存知ですか。
インターネット上における違法・有害情報の通報窓口で、インターネットの交番みたいなサイトです。
(URLは http://www.internethotline.jp/index.html)

—————(Wikipediaより引用、開始)—————
インターネット・ホットラインセンター(Internet Hotline Center)は、2006年6月1日に開設された違法・有害情報の発信に関する情報収集と対処を目的とするポータルサイト。警察庁からの業務委託により財団法人インターネット協会が管理・運営を行っている。
—————(引用、終了)—————

通報フォームに発見した情報を記入して送信すると、分析した上で、それぞれ適切な手続きを行います。

—————(インターネットホットラインセンターのサイトより引用、開始)—————
    ・違法情報 → 警察へ通報
    ・有害情報 → プロバイダや電子掲示板の管理者等へ対応依頼(削除等)
    ・国外サーバーの情報 → 国際的枠組みでの処理(INHOPE)

internetHotLineCenter-1.jpg   ・判断に迷った場合→法律アドバイザー(複数の弁護士で構成)に判断を委ねる

   ・知的財産権侵害情報→取り扱わないが、権利者団体へ情報を提供
   ・名誉毀損や誹謗中傷情報→取り扱わないが、法務省人権擁護機関へ情報を提供

—————(引用、終了)—————

通報はだれでもできます。匿名で通報することもできますし、連絡先を記入することもできます。

internetHotLineCenter-2.jpg日本国内はもちろん、国外のサーバーの情報であっても、通報してよいそうです。

通報内容のガイドラインは日本国内法に基づいていますが、他国でも違法とされていることも多く、「インターネットホットライン国際協会(INHOPE)におけるメンバーネットワークにより、対象国のホットラインセンターへ対応依頼」するようです。

インターネットにアクセスして、たまたま違法・有害情報を見かけたら、インターネットホットラインセンターに通報しましょう。

また、殺人・爆破・自殺予告など緊急に対応が必要な情報は、110番通報(警察へ通報)しましょう。

青少年ネット規制法、解説公開

青少年ネット規制法の施行に伴い、条文解説が公開されました。
http://www8.cao.go.jp/youth/youth-harm/law/ (内閣府 青少年育成の関連法案)
http://www8.cao.go.jp/youth/youth-harm/law/pdf/kaisetsu.pdf(条文解説)

今の子供たちは、幼い時からパソコンや携帯電話が身近にあり、今後もインターネット
がない生活はありえません。
すでにフィルタリングなしの携帯電話を使っていたお子様もいることでしょう。

お子様から、インターネットを取り上げたり禁止したりするのではなく、年齢や環境に
応じて徐々に抵抗力をつけ、自分の力で安全にネットを使えるようにしたいものですね。

さらに読む

新学期スタート、青少年ネット規制法が施行

今日から、いよいよ新学期がスタートです。

さっそくですが、勉強時間についての興味深い記事をご紹介します。
日本、中国、韓国の中高生向けのアンケートで、日本の中高生は中韓よりも勉強時間が少ないにもかかわらず、
勉強をきついと考えているそうです。

GS069_72A.jpg—————–(記事より引用、一部まとめ)———————————-
日本の高校生の8割が学校の勉強を「きつい」と考えている半面、1日の勉強時間は中国の6割足らずであることがわかった(中略)

学校での授業に宿題や塾を合わせた1日の平均勉強時間
・日本(中学生 8時間、高校生 7.6時間)
・中国(中学生 14時間、高校生 12.9時間)
・韓国(中学生 9.8時間、高校生 11時間)
—————–(引用、終了)———————————-

うちの子は一日8時間近くも勉強しているかしら・・・と疑問に思う反面、中国の勉強時間の長さには驚きです。
中国の中高生は1日の半分以上を勉強しているわけで、中国のパワーを感じます。

さて、本日4月1日より「青少年ネット規制法」が施行されます。
(青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の 整備等に関する法律)
(詳細は過去ブログ「青少年ネット規制法の施行」をご覧下さい)

それに伴うフィルタリングキャンペーンは4月6日まで行っています。
(過去ブログ「官民連携のフィルタリング普及キャンペーン、いよいよスタート」をご覧下さい)
フィルタリングソフトNet Nanny(ネットナニー)は、日本PTA全国協議会推薦のおすすめソフトですので、
安心してお使いいただけます。(Net Nannyの詳細はこちら)

さらに読む

新学期に向けて ~その1 「青少年ネット規制法」の施行

GS001_72A.jpg2月も後半になり、そろそろ新学期に向けて準備を始める
ご家庭も多いでしょう。「新学期に向けて」のシリーズでは、
入園入学進学などに伴う、お役立ち情報を取り上げます。

いよいよ、4月1日「青少年ネット規制法」が施行されます。
(青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の
 整備等に関する法律)
それに先立ち、「警察庁をはじめとする関係府省庁が共同で、
各都道府県の教育関係者やPTAに対して、児童への適切な
教育啓発活動などの強化を求める要望書を送付」しました。

では「青少年ネット規制法」により、親(保護者)にとって、何が変わるでしょうか。

小中学校や高校への入学をきっかけに、お子様に携帯電話やPHSを購入するご家庭も
あるかと思います。

携帯電話等の購入時、たとえ契約者が親(保護者)であっても、使用者がお子様
であることを申し出ることが義務化されました

(「保護者には使用者が18歳未満であることを携帯電話・PHSの契約時に申し出る
 義務が課せられる」ため)

それを受け、販売店等は、フィルタリングサービスの適用を確認してくるはずです。
(「携帯電話・PHS事業者に対して、18歳未満のユーザー利用には保護者からの
 申し出がある場合を除いてフィルタリングサービスを適用することを義務付ける」)

親(保護者)はフィルタリングサービスの適用を断ることも出来ますが、そのまま適用した
方が安全なことは、もうお分かりですよね?

(以下、記事のURL)
「青少年ネット規制法」施行前に関係省庁が教育委員会などに要望書を提出
(2009/02/12 CnetJapanより)
http://japan.cnet.com/mobile/story/0,3800078151,20388058,00.htm

政府の「自殺対策加速化プラン」、フィルタリング普及を推進

政府の「自殺総合対策会議」が「自殺対策加速化プラン」を発表しました。

GS155_72A.jpg会議では、「硫化水素の製造方法がインターネットで紹介されたことから、2008年に入って硫化水素による自殺が群発」して社会問題化したことを指摘し、「第三者に危害を及ぼす可能性の高い物質の製造を教示・誘因する情報について、プロバイダーなどに対して約款に基づき削除するよう依頼する『インターネット・ホットラインセンター』の取り組みを支援」するそうです。(過去ブログ「インターネットホットラインセンターとは」もご覧下さい)

そして、「インターネット上の違法・有害情報を検出する技術の開発推進と、「青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律」(青少年ネット規制法)に基づく取り組みにより、青少年へのフィルタリング普及や、インターネットの適切な利用に関する教育・啓発活動の推進」も進めるそうです。

インターネットを使えば、クリックするだけで世界中のあらゆる情報を手にすることができます。
一方で、有害サイトへも、一瞬でアクセスできてしまいます。

お子様が、知らずに有害サイトにアクセスしてしまわないように、パソコンにフィルタリングを入れましょう。

フィルタリングソフトNet Nanny(ネットナニー)は、全米トップレビュー「インターネットフィルタリング部門」で「4年連続No.1」の評価を頂いています。日本語だけではなく、英語、中国語、スペイン語サイトにも対応し、リンク先が外国語のサイトでもフィルタリングが可能です。
既に100万人を超える世界の人々がNet Nannyを利用しているので、とても安心ですね。(Net Nannyの無料体験版はこちら)

(以下、内閣府と記事のURL)
http://www8.cao.go.jp/jisatsutaisaku/index.html (内閣府 自殺対策ホームページ)

「政府の「自殺対策加速化プラン」、自殺予防サイトの優先表示促す」
(2008年11月6日 InternetWatchより)
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/11/06/21429.html