フィルタリングの回避 〜その1

GS004_72A.jpgフィルタリングの認知度も上がり、「うちはフィルタリングを入れているから大丈夫よ」というご家庭も増えてきているようです。
どんなソフトでも、フィルタリングさえ入っていれば、大丈夫でしょうか?そんなことはありません。フィルタリングを回避する方法はいくつもあります。

子ども達は、親の私たちよりもずっと真剣にフィルタリングを回避する方法を探しているかもしれません。

「親の期待を裏切りたくないし、親に怒られたくはないけれど、こんなサイト、あんなサイトも見てみた〜い。もし親にばれないで、フィルタリングを解除したり、フィルタリングを回避したりできるならば、やっちゃおう!」、きっと私が子どもだったら、そのように考えるでしょう(笑)。

これから、数回に分けて、フィルタリングを回避したり、フィルタリングを解除する方法をご紹介します。

まず、よく使われる時間設定、インターネットの利用時間の制限です。
ネットに接続する時間を、例えば、1日2時間とか、週10時間と設定すると、それ以上はネットにアクセスできなくなります。

ところが・・・・・・・・、通常のフィルタリングソフトでは、そのパソコンの時計(日付と時刻)を変更し、再スタートすれば、何時間でも使えます。使い終わったあとで、元の正しい時間に戻しておけば、親にはばれません。
例えば、2時から使い始めて、1時間たってから、またパソコンの時計を2時に戻す、という操作を何回も繰り返したとしましょう。実際は何時間もネットにアクセスしたとしても、フィルタリングソフトでは、ネットの利用時間は1時間、とカウントします。これでは親にはわかりようがありませんよね。

これは、通常のソフトが、使用するパソコンの時計を見て、ネット接続の時間をカウントしているからです。パソコンの時間の設定変更は誰でも簡単にできる操作です。

Net Nannyインターネットフィルタリング7では、そのパソコンの時計を見ていません。インターネット上にあるパブリックな時計を元に計算していますので、どんなにパソコンの時計をいじろうとも関係がありません。実際に利用した時間がくれば、自動的に使えなくなります。

Net Nannyインターネットフィルタリング7は、Windows7移行キャンペーンで、ダウンロード版が、税込2480円です。6月1日までの特別キャンペーンですので、この機会に、どうぞご検討ください。

フィルタリングの解除

EQ018.jpg携帯電話のフィルタリングの解除について、首都圏の動きをご紹介します。

18歳未満の未成年が名義の携帯電話は、フィルタリング解除の申し出がない限り、自動的にフィルタリングがかかり、また保護者名義で利用者が未成年の場合は、フィルタリングの申込をしたときに、フィルタリングがかかります。

フィルタリングを解除するのには親(親権者)の同意が必要です。

首都圏(東京都、埼玉県、神奈川県)では、この”親の同意”について、フィルタリングを解除する理由を限定し、保護者が書面を提出することを義務づけるよう、青少年健全育成条例を改正しようとしています。

埼玉県:青少年健全育成条例を改正済み、10月より施行予定
神奈川県:改正骨子案を公表(5月20日までパブリックコメント募集)
東京都:継続審議中

すでに条例が改正された埼玉県の改正骨子案では、フィルタリングサービスの解除理由は、以下のの3つとしており、神奈川県でも同様の内容になりそうです。

「青少年が就労し、業務上必要な場合」
「青少年に障害や疾病のある場合」
「保護者がインターネットの利用履歴提供サービスを活用し、青少年のインターネットの利用状況を常に確認する場合」

東京都は、いち早く条例改正を予定していましたが、「改正案にあわせて盛り込まれていた”非実在青少年”規制の問題により、継続審議」中だそうです。

(以下、記事のURL)
「神奈川県も条例で規定へ、携帯フィルタリング解除の「理由書」」
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20100423_363404.html

オーバーライドで、フィルタリングの解除は不要

フィルタリングソフトを使っていて、お子様に「フィルタリングを解除してほしい」と
言われた経験がありますか。私はあります。

フィ
ルタリングソフトで、見ても良いサイトをブロックしてしまうこともあるのです。
携帯電話のフィルタリングサービスが、県の災害ブログや自民党のサ

トをブロック
してしまったのと同じようなことが、起こりうるのです。

たまたま、お子様の塾の掲示板がブロックされたとしましょう。
ひょっとしたら、野球チームのお知らせブログがブロックされるかもしれません。

お子様が見たいサイトにアクセスできない場合、「フィルタリングを解除してほしい」と
要求してくると思います。「フィルタリングは要らないんだよ。だって、変なサイトじゃ
ないのに、見れないじゃん」と言われるでしょう。

そのとき、あせってフィルタリングを解除しないで下さい。
「オーバーライド機
能」を使えば、フィルタリングを解除することなしに、お子様が
見てもよいサイトだけ、アクセスできるようにします。

また、フィル
タリングは、ポルノサイトや暴力サイトなどを「ブロック」することは得意ですが、
お子様の学校裏サイトやプロフを「ブロック」することは、どちらか
というと苦手です。
学校裏サイトや友人のプロフは、内容が個人的で、数が膨大です。
また、「ブロック」すべきかの判断も、状況によって変化するで
しょう。

そういう場合は、「オーバーライド機能」を使って、子どもにアクセスさせたくないURLを入力してください。

「オー
バーライド(override)」とは、パソコン用語で「上書きする」ことです。また、一般用語では、「~に優先する」などの意味があります。

—————(Wikipedia
より引用、開始)—————
オブジェクト指向プログラミングにおいてオーバーライド
(override)とは、スーパークラスで定義されたメソッドをサブクラスで定義しなおし、動作を上書きすることである。
—————(引
用、終わり)—————

NetNanny
インターネットフィルタリング7
の「オーバーライド機能」を使えば、登録されているフィルターに追加して、あるサイトへの「ブロック」や「アクセ
ス」を設定できます。
アクセスを禁止にしたいサイトのリスト(ブラックリスト)とアクセスを許可するサイトのリスト(ホワイトリスト)を設定する
ことが出来ます。もちろん設定はユーザ別です。

override2.jpg(上図はNetNannyの管理ツール、赤丸がオーバーライドのボタン)

override.jpg(上図、青丸がウェブサイトのアドレス、赤丸がカテゴリー)

「オー
バーライド機能」には大きく分けて、2つの方法があります。
(1)あるサイトを「ブロック」「警告」「許可」に設定することができます。


の場合、管理者を含め、全てのユーザに適用されます。
あるサイトを「ブロック」に設定すると、管理者も含め、そのパソコンを使う家族全員がそのサ
イトを閲覧できなくなります。

(2)あるサイトを、独自にカテゴリー設定することができます。
この場合は、ユーザごとにカテゴ
リーの設定に応じて適用されます。
例えば、あるサイトを独自に「ポルノ」に設定すると、「ポルノ」カテゴリーを「ブロック」に設定した子どもは閲
覧できませんが、「許可」した親は閲覧できます。

実際にお使いいただいている方からは、購入前に考えていたよりも、オーバーライ
ド機能は便利でよく使う機能だ、とご好評を頂いております。
オーバーライド機能により、ご家庭の状況に応じた、現実的で、とてもフレキシブルなイ
ンターネット利用ができます。(詳細はこちら

Net Nannyを使ってみよう ~オーバーライド要求に答える

「Net Nannyを使ってみよう」では、フィルタリングソフトNet Nanny(ネットナニー)を、
実際の画面を見ながら、ちょこっと体験します。

お子様は、Webサイトにアクセスしようとして「ブロック」「警告」されると、まずは
「やりたいことが出来ないから、フィルタリングを解除してほしい」と要求される
ことはよくあります。
それが勉強用のサイトや塾のサイトだと、保護者の方はあわてて、フィルタリング
全てを解除してしまうこともあるようです。
フィルタリングを解除すると、お子様が見たいサイトへのアクセスのみ
ならず、有害サイトにもアクセスできるようになってしまいます。

フィルタリングを解除する必要はありません。
お子様が見たいサイトの内容を確認して、問題がなければ、そのサイト
だけを見れるようにすればいいのです。

「オーバーライド(上書き)」機能を使えば、フィルタリング全体を解除する
ことなく、あるサイトのブロックの解除やカテゴリの変更することができます。

今日は、お子様からのオーバーライド要求を「許可」したり、「拒否」してみましょう。
オーバーライド(Webアドレス)オーバーライド(アプリケーション)をご覧下さい)

保護者は、管理ツール で要求を確認して、要求ごとに承認または拒否することができます。

操作は次のとおりです。

1.管理ツールにログインし、家族設定[オーバーライド] -[オーバーライド要求] をクリックします。
  送信者、Webアドレス、要求されたアクションなどがリスト表示されます。

local-override 8.jpg2.項目を選択して、[選択された項目の承認] または [選択された項目の拒否] をクリックします。
  
local-override 10.jpg操作はこれで完了、新しい設定が直ちに有効になります。とても簡単ですね。

もちろん、リモートでも設定が出来ますので、例えば外出先でもお子様のオーバーライド要求を
処理することができますよ。

Net Nannyは、すべての機能を、2週間無料でご使用頂ける無料体験版もございます。
ぜひお試しください。(無料体験版のダウンロードはこちら)

さらに読む