学校裏サイト、中高校生に問題あり

FE152.jpg昨日の引き続き、東京都の学校裏サイトの調査結果からです。

学校裏サイトへの不適切な書き込みの割合は、中学生51%高校生約48%、圧倒的に中高生です。
また、学校裏サイトが見つかった学校も、都内の全公立校のうち中学が7割高校は9割以上、中学生と高校生に学校裏サイトが浸透しているのがわかります。

————-(以下、記事より引用、まとめ)————————
不適切な書き込みのリスクレベルに占める各校種の割合

小学校  0.9%
中学校等 51.0%
高等学校 47.9%
特別支援学校 0.2%

学校裏サイトが検出された学校数(実施校延べ3029校中、1155校で検出)

小学校   1812校中、291校(16.0%)
中学校等   867校中、612校(70.5%)
高等学校   265校中、244校(92.0%)
特別支援学校  85校中、8校  (0.9%

————-(引用、終了)————————

今のところ、学校裏サイトが深刻な問題なのは中高生だと言えるでしょう。
ただ、ネットの開始時期が早まっており、学校裏サイトも低年齢化しています。
小学校の学校裏サイトが増加する可能性もあるでしょう。

お子様を守るために、ご自宅にあるパソコンにフィルタリングをいれましょう。

Web サイトは、頻繁にURLが変更されたり、誰にでも簡単に作ることが出来ます。
ただの情報交換が目的のサイトが、急に”学校裏サイト”になってしまうこともありえます。
お子様が通っていらっしゃる学校の裏サイトをフィルタリングソフトが自動的にブロックするのを期待するのはやめましょう。

こういうとき、フィルタリングソフトNet Nanny のオーバーライド機能をご利用ください。
オーバーライド機能では、アクセスを禁止にしたいサイト許可するサイトをそれぞれ独自に設定することができます。続けて設定していくうちに、そのご家庭独自の設定が出来るように設計されています。

フィルタリングソフトを選ぶ時は、次世代フィルタリングソフトNet Nanny を是非ご利用ください。

http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/press/pr091126s.htm(東京都教育委員会)

学校裏サイト、都内公立校の半数に存在

以前、ブログで東京都が学校裏サイトの監視をすることを取り上げましたが、東京都教育委員会が行った学校裏サイトの調査(2009年6月〜10月)の結果が出ました。

都内の公立小中高校の2200校のうち、半数近くの989校に学校裏サイトが存在し、1つの学校で「複数のサイトが開設されていたケースもあった」そうです。

————-(以下、記事より引用、まとめ)————————
6558件  不適切な書き込み(以下はその内訳)

43.0%: 自分の個人情報を公開(メルアド、住所など)
25.8%: 飲酒、喫煙などの違法行為を告白
16.3%: 他の生徒の誹謗中傷(実名で「殺す」との書き込みあり)
14.0%: 他人の個人情報を公開
0.6 %: 自殺、自傷の予告
0.3 %: 違法・犯罪行為
0.1 %: 家出の予告や告白

————-(引用、終了)————————

フィルタリングソフトでよく使われるURL方式は、そのソフト会社の社員が目で有害サイトを見つけてサーバーに登録していきます。

学校裏サイトは、東京の公立校で見つかっただけでも千サイト以上、私立校にも存在しており、全国では、星の数ほどあると言っても過言ではありません。1校に複数存在していることもあり、また大人に見つかったとわかると、すぐにURLを変更します。

学校裏サイトだけを考えても、人の目でサイトを見つけて登録しても、限界があることはすぐにお分かりでしょう。

20080421.jpg同じフィルタリングソフトでも、フィルタリングソフトNetNanny(ネットナニー)は、URL方式ではありません

ユーザがWebサイトにアクセスしようとした瞬間、インターネットサイトの内容を文脈から分析し、内容を分類してアクセスを許可/拒否するダイナミックフィルタリング方式を採用しています。
アクセスしようとしたサイトの内容や、そのリンク先の内容まで解析しますので、たとえURLを変更したばかりでも、内容が不適切であればアクセスをブロックします。

フィルタリングの方法については、過去ブログ「フィルタリングを正しく理解しよう」で詳しく説明いたしましたので、ぜひご覧下さい。

さらに読む

学校裏サイト ~中傷を書き込んだ高校生が自殺

16歳の男子高校生が「携帯電話サイトの掲示板に他の生徒を中傷する内容の書き込みをし、学校側から事情を聴かれた日の夜に自殺」しました。本人の遺書には、先生から事情聴取を受け、「死ね」「バカ」「アホ」と言われ、停学処分になったことが原因だと書かれていたそうです。学校側は教諭の発言を否定しているそうです。

学校裏サイトに中傷書き込みをしたことが学校でうわさになり、いじめた側が自殺してしまいました。
学校でうわさになったことにより、この高校生は精神的に追い詰められていたのかもしれません。
学校側の対応が適切だったかどうかはわかりませんが、直接的、間接的に、自分が書いた学校裏サイトへの書き込みが原因だったことは間違いありません。

ちょっとした出来心、いたずらや嫉妬心で、ネットに書き込みをしてしまう可能性は誰にでもあるでしょう。その先のことを考えられるには、子どもたちはまだ幼いのかもしれません。

nn50pack-bg.pngお子様をネットの危険から守るために、ネットの利用についてオープンに話し合いましょう。

それから、携帯電話にはフィルタリングサービスを、パソコンにはフィルタリングソフトを入れましょう。

フィルタリングソフトNetNanny(ネットナニー)は、有害ソフトへのアクセスをブロックするフィルタリング機能と、ネットの利用を把握するためのモニタリング機能を兼ね備えています。

お子様のネット利用に関心を持ち、把握しましょう。(続く・・・)

さらに読む