有害サイト、件数は増加

FE150.jpgネット犯罪につながるネット上の違法・有害サイトの件数は増加しているようです。

インターネットホットラインセンターによると、去年(2009年)違法・有害情報に該当したのは約3万4千件(前年比67.1%増)だったそうです。
「件数が増加したのは、インターネットホットラインセンターの知名度が上がったからじゃないの?」と疑われるかもしれません。
ところが、通報件数は、2008年の13万5千件から、2009年の13万件と減少しているのです。
通報件数は減少したのに、そのうちの「違法・有害情報」が約7割増しだったわけで、残念ながら、ネット犯罪につながる有害サイトの件数は増加しているようです。

その”残念な結果”の「違法・有害情報」の中身は以下の通りです。

———————(以下、記事より引用、まとめ)—————
違法情報:2万7751件(前年比95.3%増)
有害情報:6217件(前年比1.6%増)

その内訳は以下の通りです。

違法行為(わいせつ物や児童ポルノなど)

 「わいせつ物公然陳列」 1万4755件(全体の53.2%)
 「児童ポルノ公然陳列」 4486件(16.2%)
 「規制薬物の広告」 2555件(9.2%)

有害情報(公序良俗に反する情報、殺害等の違法行為の請負、集団自殺の呼びかけなど)

「違法行為を直接的かつ明示的に請負・仲介・誘因等する情報」5978件
「違法情報に該当する疑いがある情報」162件
「人を自殺に誘因・勧誘する情報」  77件

———————(以下、記事より引用、まとめ)—————

増加の原因が有害情報ではなく、違法情報であり、前年の倍近くに増えたことは驚きです。
なお、特筆すべきこととして、違法情報の19.5%有害情報の50.9%は海外のサーバーに蔵置されていたそうです。

ネット上の違法サイト・有害サイトは増えており、ネット犯罪のわなはネット上に点在しています。
なぜ、フィルタリングが必要か、それは、ネットにある危険を避け、安心で快適なネット生活を送るためです。
ネット犯罪者は巧みにネット犯罪の網をはっています。そこに無防備に足を踏み入れるのは無謀で、その網に引っかからずに逃れられるか、大人でも難しいのです。

フィルタリングを導入しない理由に、親(保護者)の方が、「子どもを信頼しているから」がトップにあがりますが、信頼するかどうかの次元ではないことを、どうかご理解ください。

また、多くの違法サイト・有害サイトが海外サーバーに設置してあります。海外サーバーは日本の警察の管轄外のため、INHOPE加盟のホットラインセンターに通報し、さらに時間がかかります。

ご家族、特にお子様が使われるパソコンには、フィルタリングソフトを入れましょう。そして、海外に強いフィルタリングソフトをおすすめします。

Net Nannyインターネットフィルタリング7は、
全世界157カ国の導入実績のある、信頼できるパソコン向けのフィルタリングソフトです。
米トップテンレビューズ「インターネットフィルタリング
部門」で「5年連続No.1」の評価を得ています。(TopTenReviews(英文)はこちら
Windows7
移行キャンペーンで、ダウンロード版が、税込2480円です。6月1日までの特別キャンペーンですので、この機会に、
どうぞご検討ください。(詳しくはこちら

(以下、記事のURL)
「ネットの違法・有害情報、前年比67%増へ–警察庁まとめ 」
http://japan.cnet.com/marketing/story/0,3800080523,20410644,00.htm

フィルタリングがどうして必要なのか? 〜その2

フィルタリングがどうして必要でしょうか。
インターネットの世界には、見てほしくないサイト、悪いサイト(「有害サイト」)がたくさんあるからです。

ニュースでもよく取り上げられた「出会い系サイト」「学校裏サイト」「薬物サイト」「家出掲示板」「児童ポルノ」「自殺サイト」など、記憶に新しいと思いますが、ご家族の目に触れてほしくない「有害サイト」でしょう。

img-home-outline.gif

フィルタリングは、有害サイトをシャットアウトして、そのサイトにアクセスできないようにし、見ることができないようにします。

フィルタリングがなければ、そのつもりはなくても、有害サイトにアクセスしてしまう危険性があります。
よく見る普通のサイトにある広告や、普通の用語で検索したサイト、ゲームや懸賞に応募するサイトなどにも、ワナがしかけられています。
フィルタリングは、有害サイトにアクセスしないように、あらかじめ設定することで、ワナに陥らないように守ってくれます。

Net Nannyインターネットフィルタリング7は、有害サイトへのアクセスをブロック(シャットアウト)するパソコン用のフィルタリングソフトです。
インストールや、設定もとても簡単、カラフルな画面で指示通りにクリックすれば、簡単に設定できます。
一度、設定すれば、24時間365日、お子様が有害サイトにアクセスするのをブロックします。
(以下の図は、ブロックするサイトの設定画面。マウスでクリックするだけで設定できます)

local-filter 3.jpg

local-filter 7-thumb-550x273.jpg

ネット検索で危険な有名人

マカフィーが「インターネット検索で最も危険な日本の有名人」を発表しました。

危険な有名人、という意味は、インターネットで有名人の名前を検索したときに危険なサイトに誘導される可能性が高いという意味です。

危険なサイトとは、「具体的には、スパイウェアやアドウェア、ウイルスなどのマルウェアが仕掛けられたサイト、登録するとスパムメールが送られてくるサイト、フィッシングサイトなど」です。

5位までのランキングは以下のとおりだそうです。

————-(以下、記事より引用、まとめ)————————
1位 「佐藤江梨子」
2位 「京野ことみ」「米倉涼子」
3位 「相澤仁美」「井上和香」「沢尻エリカ」「福山雅治」「松浦亜弥」
4位 「新垣結衣」「上戸彩」「菅野美穂」「ほしのあき」「矢田亜希子」
5位 「小倉優子」「川村ゆきえ」「長谷川京子」「山本梓」

女性タレントが多数を占める中、男性では福山雅治が唯一ランクインした。
————-(以下、引用、終了)————————

なお、英語の1位では、去年はブラピ(ブラッド・ピット)、今年はジェシカ・ビール、2位は2年連続でビヨンセだそうです。

当たり前ですが、本人が危険なのではないので、オフィシャルサイトも危険ではないでしょう。
人気がある有名人はそれだけ検索数も多くなるので、悪質なサイトに誘導したい犯罪者が狙っている、ということは忘れないで下さい。
サトエリの壁紙やスクリーンセーバーをダウンロードしようとして、悪質なウィルスをダウンロードしてしまったら大変です。

お子様がインターネットで検索しそうな有名人はいましたか?危険なサイトに誘導されないように、十分お気をつけ下さい。

(以下、記事のURL)
「ネット検索で危険な有名人、佐藤江梨子、京野ことみ、米倉涼子ら」
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20091026_324495.html

「キメ友」サイトの管理者が逮捕

キメ友という言葉をご存知ですか?覚せい剤仲間のことで、インターネットの隠語です。

インターネットには覚せい剤の使用や譲渡を目的とした、出会いサイト「キメ友」サイトがあり、
先週、キメ友サイトの管理者が「麻薬特例法違反ほう助の疑いで逮捕」されました。

——(以下、記事より引用)—————————-
 「キメ友」のサイトをパソコンやケータイで検索すると、かなりの数がヒットする。掲示板
形式になっているものが殆どで、そこには、

    「当方、大阪。あります。詳細はメールにて。捨てアドなので早めに連絡ください」(中略)
    「スッゴい高純度の奴食べさせてあげる」

など、怪しいカキコミがされている。カキコミの後にメールアドレスが付いているのが特徴だ。
「キメ友」サイトにはクリック広告が付いているが、その広告は出会い系サイトのものが目立
って多い。
——(引用、終了)—————————-

「薬物関連のサイトの管理者が摘発されたのは全国で初めて」で、逮捕した千葉県警は
「キメ友サイトはおびただしい数が存在している。今回の検挙はその撲滅へのスタートであり、
戦いはこれからです」と話しているそうです。

(以下、記事のURL)
覚せい剤プラス「出会い」 「キメ友」サイトで行われていること
(2009/3/6 Jcastニュース)
http://www.j-cast.com/2009/03/06037230.html

家出掲示板、知っていますか?

最近、社会問題化している「家出掲示板」をご存知ですか?
たびたびニュース等でも取り上げられているので、耳にしたことがある方もいらっしゃるでしょう。
実際、検索サイトで「家出掲示板」を検索すると、驚くほどの数のサイトがヒットします。

P1040537.jpg家出したい少女や家出中の少女と、彼女たちが泊まる家を提供する、「人助け」をする大人を結ぶ掲示板です。

少女が、主に携帯電話から「助けて!誰か泊めてください」等と書き込みをすると、「うちに泊めてあげる。今どこにいるの?」等の書き込みがあったり、メールアドレスや電話番号を書き込むと、直接メールや電話でコンタクトをとったりします。
利用する少女は主に10代の中高生で、夏休みや冬休みなどの休み中に、家出少女が増えるそうです。

一方で、少女を泊めるために掲示板を利用する9割以上は男性、目的は明白です。
あるニュースで、掲示板の男性利用者のインタビューでは、「未成年をただ泊めてもメリットがない。ギブアンドテイクは当然で、双方の合意の上のことで、罪の意識はない」と話していました。

つまり、家出掲示板は「人助け」とは名ばかり、実際は、非常に悪質な「出会いサイト」だと言われています。

お子様が「家出掲示板」という名前の出会い系サイトにアクセスしないように、携帯電話にはフィルタリングサービスを、パソコンにはフィルタリングソフトをインストールしましょう。そして、お子様がパソコンで何をしているのか、把握するようにしましょう。

フィルタリングソフトNet Nanny(ネットナニー)は、「出会い系」「ポルノ」「ドラッグ」「暴力」など31カテゴリーの有害なサイトへのアクセスをブロックします。
20080515.jpgリモート(遠隔)機能によって、一度インストールしてしまえば、外出先からでも、インターネット経由で自宅のパソコンを設定したり、レポートを閲覧することができます。お子様が有害サイトにアクセスしたことを通知するメール機能もあります。

Net Nanny は、子どもたちが、安心してインターネットを利用するための環境づくりをお手伝いします。(Net Nannyの詳細はこちら