携帯サイトでの性犯罪被害とフィルタリングの関係

GS094_72A.jpg

お子様の使うパソコンや携帯電話にフィルタリングは入れていますか?

携帯サイトから性犯罪被害にあった少女の8割以上が、携帯電話にフィルタリング機能をつけていなかったそうです。

—————–(以下、記事より引用)————-
18歳未満の少女らが携帯電話のサイトにアクセスし、誘われて淫行(いんこう)や児童ポルノの撮影などに至った事件の少なくとも8割以上で、有害サイトに接続できなくする「フィルタリング」が携帯電話にかかっていなかったことが分かった。今年上半期(1〜6月)の事件を調べた警察庁が28日、発表した。いずれも出会い系サイトではないサイトだった。同庁は、携帯事業者や保護者らにフィルタリングの徹底を働きかける考えだ
—————–(引用、終了)————-

ご存知の通り、いわゆる出会い系サイト以外のサイトの犯罪が増えており、非出会い系サイトで、フィルタリングの対象になっているサイトも増えています。
(非出会い系サイト=「SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)やゲームサイト、自己紹介サイトなど」)

フィルタリングを入れれば、携帯サイトでの性犯罪被害に遭わないわけではありませんが、犯罪者との出会いの場ををぐんと減らせることは確かです。

法律で18歳未満の携帯利用者に義務づけられているフィルタリングですが、利用するかしないかは保護者の判断にゆだねられています。
お子様が使う携帯電話やパソコンにはフィルタリングが入っているか、もう1度確認してみてはいかがでしょうか。

(以下、記事のURLと引用)
携帯サイトから性犯罪被害 8割、フィルタリングせず
http://www.asahi.com/national/update/1028/TKY201010280162.html

「昨年4月施行の有害サイト規制法により、18歳未満の携帯電話利用者には携帯会社がフィルタリング機能を提供するよう義務づけられたが、怠っても罰則はない。利用は無料だが、保護者は深く考えずに「いらない」と業者に答えるケースも多いという。 」
「内閣府が昨年秋に実施した18歳未満への携帯電話の利用調査によると、フィルタリングの利用率は、小学生は62%、中学生は55%、高校生は39%と、学校が上に進むに従って低かった。 」

フィルタリングがどうして必要なのか? 〜その2

フィルタリングがどうして必要でしょうか。
インターネットの世界には、見てほしくないサイト、悪いサイト(「有害サイト」)がたくさんあるからです。

ニュースでもよく取り上げられた「出会い系サイト」「学校裏サイト」「薬物サイト」「家出掲示板」「児童ポルノ」「自殺サイト」など、記憶に新しいと思いますが、ご家族の目に触れてほしくない「有害サイト」でしょう。

img-home-outline.gif

フィルタリングは、有害サイトをシャットアウトして、そのサイトにアクセスできないようにし、見ることができないようにします。

フィルタリングがなければ、そのつもりはなくても、有害サイトにアクセスしてしまう危険性があります。
よく見る普通のサイトにある広告や、普通の用語で検索したサイト、ゲームや懸賞に応募するサイトなどにも、ワナがしかけられています。
フィルタリングは、有害サイトにアクセスしないように、あらかじめ設定することで、ワナに陥らないように守ってくれます。

Net Nannyインターネットフィルタリング7は、有害サイトへのアクセスをブロック(シャットアウト)するパソコン用のフィルタリングソフトです。
インストールや、設定もとても簡単、カラフルな画面で指示通りにクリックすれば、簡単に設定できます。
一度、設定すれば、24時間365日、お子様が有害サイトにアクセスするのをブロックします。
(以下の図は、ブロックするサイトの設定画面。マウスでクリックするだけで設定できます)

local-filter 3.jpg

local-filter 7-thumb-550x273.jpg

フィルタリングはどうして必要なのか? 〜その1

なぜ、インターネットには「見てよい」サイトと「見てほしくない」サイトがあるのでしょうか。そして、どうしてフィルタリングが必要なのでしょうか。

GS171_72A.jpgインターネットは、誰でも簡単にアクセスできて、誰でも簡単に何でもアップ(画像や文章などをネットで見られるようにすること)できます。
例えば、さっき食べたご飯や、ペットの写真を携帯電話で撮って、次の瞬間にインターネットにのせることは簡単です。ネットの仕組みや技術が全く分からなくても、手順にしたがえば、子どもでも簡単にネットに書き込みが出来ます。

それだけ簡単だと、犯罪行為や悪質な意図で、情報をインターネットに流す人も当然でてきます。
インターネットには、わいせつな写真や、ドラッグ等の情報、残酷な映像等、子どものみならず、大人にも見てほしくない内容のサイトがあふれています。

どうしてフィルタリングが必要か、フィルタリングによって、「見てほしくない」サイトに足を踏み入れないようにするためです。
フィルタリングによって、星の数ほどもある多くのサイトを、「見てもいい」か「見てほしくない」かに分類して、「見てほしくない」サイトへのアクセスをブロックします。(・・・続く)

FAQより 〜フィルタリング方式って何? 

先週のブログでフィルタリングについて軽くご説明しました。(「そもそもフィルタリングって何?」)
ご購入を検討していらっしゃるお客様から、「Net Nannyはどうやってフィルタリングしていますか?他のフィルタリングソフトやサービスと差がありますか?」と聞かれることがあります。

フィルタリングには、いくつか方式があり、フィルタリングの結果は全く異なります。

よくホワイトリスト方式とかブラックリスト方式とか聞きますよね。
これは、「URL方式」と言われ、誰かが実際にあるサイトを見て、良いサイトか悪いサイトかを決めています。
携帯電話やよくあるフィルタリングソフトで使われている方式です。
実際に人の目で見ているので確実ですが、どんどん作成・更新されるホームページをリアルタイムで見つけることは難しく、また有害サイトはURLをひんぱんに変更するため、残念ながら、とても追いつかないと言われています。

Net Nannyフィルタリング7は、文脈解析の方式をとっています。
簡単にいうと、あるサイトにアクセスした瞬間に、不適切な内容が含まれているか、リアルタイムに判断して、アクセスを許可したり、ブロックしたりします。

たとえニュースサイトだとしても、ある時はポルノや暴力的な内容を表示していることがあります。ニュースだとしても、お子様に残忍な内容は見せたくないですよね。
URL方式だと、誰かが見たときの内容が特に問題がなければ、いつでもアクセスが許可されます。文脈解析だと、その時の内容次第でブロックされます。

今や、「フィルタリングを入れたから安心」ではなく、「信頼できるフィルタリングを入れる」時代です。
世界157カ国で導入実績のあるNet Nannyフィルタリング7なら、安心してお使い頂けます。世界各国で作られ、更新される有害サイトをリアルタイムで分析し、ブロックします。

フィルタリングについては「フィルタリングについて」をご覧下さい。絵入りでわかりやすく説明をしています。