インターネットホットラインセンターとは

インターネットホットラインセンターをご存知ですか。
インターネット上における違法・有害情報の通報窓口で、インターネットの交番みたいなサイトです。
(URLは http://www.internethotline.jp/index.html)

—————(Wikipediaより引用、開始)—————
インターネット・ホットラインセンター(Internet Hotline Center)は、2006年6月1日に開設された違法・有害情報の発信に関する情報収集と対処を目的とするポータルサイト。警察庁からの業務委託により財団法人インターネット協会が管理・運営を行っている。
—————(引用、終了)—————

通報フォームに発見した情報を記入して送信すると、分析した上で、それぞれ適切な手続きを行います。

—————(インターネットホットラインセンターのサイトより引用、開始)—————
    ・違法情報 → 警察へ通報
    ・有害情報 → プロバイダや電子掲示板の管理者等へ対応依頼(削除等)
    ・国外サーバーの情報 → 国際的枠組みでの処理(INHOPE)

internetHotLineCenter-1.jpg   ・判断に迷った場合→法律アドバイザー(複数の弁護士で構成)に判断を委ねる

   ・知的財産権侵害情報→取り扱わないが、権利者団体へ情報を提供
   ・名誉毀損や誹謗中傷情報→取り扱わないが、法務省人権擁護機関へ情報を提供

—————(引用、終了)—————

通報はだれでもできます。匿名で通報することもできますし、連絡先を記入することもできます。

internetHotLineCenter-2.jpg日本国内はもちろん、国外のサーバーの情報であっても、通報してよいそうです。

通報内容のガイドラインは日本国内法に基づいていますが、他国でも違法とされていることも多く、「インターネットホットライン国際協会(INHOPE)におけるメンバーネットワークにより、対象国のホットラインセンターへ対応依頼」するようです。

インターネットにアクセスして、たまたま違法・有害情報を見かけたら、インターネットホットラインセンターに通報しましょう。

また、殺人・爆破・自殺予告など緊急に対応が必要な情報は、110番通報(警察へ通報)しましょう。