学校裏サイト、東京都内の全公立校2200校監視

東京都の教育委員会は、民間業者に委託して、学校裏サイトを監視し、内容によっては削除依頼をしたり、警察に通報することにしました。「監視対象は都内の全公立校約2200校に上り」ます。

P1040309.jpg—————–(以下、記事より引用、開始)———————
都教委が委託した業者が学校裏サイトなどを監視し「死ね」「殺す」などの悪質な書き込みを見つけたら各校に連絡。必要に応じてプロバイダーに削除を要請する。危険性が高いと判断すれば警察にも通報する。各校に関係するサイトの情報を分析した資料も定期的にまとめ、指導の参考にしてもらう。
—————–(引用、終了)———————

学校裏サイトは学生や卒業生が自主的に運営しているもので、その「管理人」も学生や卒業生。書き込む側と書き込まれる側と同じ立場なのもあり、そのまま放置することもあるようです。
内容が問題がないものも多いようですが、ネット特有の性質で、内容がエスカレートし、いじめや誹謗中傷になってしまうこともあります。

学校裏サイトは数が多いため、「ブラックリスト」を採用しているフィルタリングでは、まずひっかからないと言われています。また、問題がないWebサイトもあるので、ブラックリストに載せるのが適切かどうかも議論が分かれます。

フィルタリングソフトNetNanny(ネットナニー)
は、「ダイナミックフィルタリング方式」を採用したフィルタリング機能と、強力なモニタリング機能を兼ね備えています。
モニタリング機能で、お子様がアクセスしたWebサイトのURLが記録されるので、学校裏サイトを見つけることも簡単です。

Net Nanny(ネットナニー)は、フィルタリングとモニタリングにより、子どもたちが安心してインターネットを利用するための環境づくりをお手伝いします。(Net Nannyの詳細はこちら)

(以下、記事のURL)
学校裏サイト:都教委が2200校監視 削除要請・通報も
(2008年10月17日 毎日新聞)
http://mainichi.jp/life/edu/news/20081018k0000m040121000c.html