新学期に向けて ~その3 ペアレンタルコントロールを始めよう

GS025_72A.jpg新学期は、親子で新しいことを始めるのにいいきっかけになります。
例えば、今までなかったパソコンや携帯電話の利用ルールを作るとか。

さっそく新学期から、ペアレンタルコントロール、始めませんか。

ペアレンタルコントロール(Parental controls、ペアレンタル・
コントロール)とは、親(保護者)が子どものパソコンや携帯
電話等の利用を監視、制限することです。

パソコンのペアレンタルコントロールの代表的な機能といえば・・・

  ・「フィルタリング」(出会い系サイト等の有害サイトへのアクセスを遮断)
  ・「ソフトウェア利用を制限」(チャットやゲーム等のソフトウェア利用を制限)
  ・「利用時間を制限」(パソコンやインターネットの利用時間や時間帯を制限)

日本は、諸外国に比べてペアレンタルコントロールの意識が低く、ペアレンタルコントロールの
概念も定着していません。親が子どもにネット利用についての話をあまり聞くことがないようです。

プライバシーを尊重するアメリカですが、ペアレンタルコントロールは定着しています。
親がパソコンにフィルタリングを設定し、子どものインターネット利用について把握するのが当然、
子どもも、自分の親が把握しているのが当たり前だと思っているようです。
そして親子でネット利用についてよく話し合う傾向があるそうです。

昨年、「フィルタリング」という用語の認知度が急激にアップしたように、これからは日本でも
「ペアレンタルコントロール」の認知度が高まるでしょう。
この新学期からは、ペアレンタルコントロールを始めて、お子様のネット利用をがちっと把握する
のはいかがですか。