携帯フィルタリングサービス利用、1年で約1.7倍増加

GS074_72A.jpg携帯電話のフィルタリングサービス利用者が、3月末時点で約573万件になり、
1年前に比べて約231万件増加したそうです。

「携帯各社が新規加入者だけでなく、18歳未満の既存の契約者にもサービスの適用
を促したのが一因。有害サイトに対する保護者の関心が高まったことも寄与したと
みられる」そうです。

契約件数は増えても、実際に使っている子ども達が納得して使っているかは別問題。
過去ブログ「中3女子の半数、携帯フィルタリングに不満」でも触れましたが、
今まで自由に使っていた携帯電話が制限されて不便だと感じるのは、当然です。

お子様とじっくりと「なぜフィルタリングが必要か?」について話し合いましょう。

携帯電話の次は、パソコンのフィルタリングです。パソコンはインターネットの利便性や自由度はさらに
アップし、危険度もアップします。お子様が携帯電話のフィルタリングの必要性を納得していれば、
パソコンのフィルタリングも入れやすくなるでしょう。

(以下、記事より引用)
「携帯の有害サイト閲覧制限、1年で230万件増加 573万件に」
(2009/4/15 NikkeiNetより)
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20090415AT3K1500915042009.html