ネットいじめ、ネットの性質を理解してる? ~その2

昨日に引き続き、ネットいじめに関わるネットの性質「ネットに書くと情報は残る」と「だれが書いたか特定できる」についてです。

GS018_72A.jpg
—————(以下、サイトより引用)——————
 ◇だれが書いたか特定できる
 裏サイトでの悪口は、画面上では名乗らず書き込めても、実際には書き込んだパソコンや携帯電話が特定できる。そこから書き込んだ人物がわかってしまい、いじめの証拠になる。正体がばれないと思ったら大まちがいだ。掲示板を管理する人も、悪口が書かれていることを知りながら内容を消さなかった場合は、責任を問われることがある。
—————(引用、終了)——————

ネットいじめをエスカレートさせるネットの性質の1つが”ネットの匿名性”です。
画面では誰かわからないから、と気楽に書き込み、内容がどんどん過激になっていく傾向があります。
大人の掲示板でも、面と向かっては到底いえないだろう、ということも、平気で書き込んでいる様子をあちこちでみかけます。まして子どもは調子に乗ってエスカレートし、抑制はきかなくなっても不思議ではありません。

しかし実際は、画面上では”匿名”でも、調べようと思えば、いくらでも特定できます。
現に、いたずらで爆破予告をした人たちは次々と特定され、逮捕されています。
わからなければ何をしてもいい、と思いがちな人には、実はわかってしまうんだ、ということが抑止力になるのかもしれないですね。

(以下、記事のURL)
「防ごう!ネットいじめ/4 ルールと責任」
http://mainichi.jp/select/wadai/wakaru/edu/news/20090904org00m040024000c.html