ネット検索で危険な有名人

マカフィーが「インターネット検索で最も危険な日本の有名人」を発表しました。

危険な有名人、という意味は、インターネットで有名人の名前を検索したときに危険なサイトに誘導される可能性が高いという意味です。

危険なサイトとは、「具体的には、スパイウェアやアドウェア、ウイルスなどのマルウェアが仕掛けられたサイト、登録するとスパムメールが送られてくるサイト、フィッシングサイトなど」です。

5位までのランキングは以下のとおりだそうです。

————-(以下、記事より引用、まとめ)————————
1位 「佐藤江梨子」
2位 「京野ことみ」「米倉涼子」
3位 「相澤仁美」「井上和香」「沢尻エリカ」「福山雅治」「松浦亜弥」
4位 「新垣結衣」「上戸彩」「菅野美穂」「ほしのあき」「矢田亜希子」
5位 「小倉優子」「川村ゆきえ」「長谷川京子」「山本梓」

女性タレントが多数を占める中、男性では福山雅治が唯一ランクインした。
————-(以下、引用、終了)————————

なお、英語の1位では、去年はブラピ(ブラッド・ピット)、今年はジェシカ・ビール、2位は2年連続でビヨンセだそうです。

当たり前ですが、本人が危険なのではないので、オフィシャルサイトも危険ではないでしょう。
人気がある有名人はそれだけ検索数も多くなるので、悪質なサイトに誘導したい犯罪者が狙っている、ということは忘れないで下さい。
サトエリの壁紙やスクリーンセーバーをダウンロードしようとして、悪質なウィルスをダウンロードしてしまったら大変です。

お子様がインターネットで検索しそうな有名人はいましたか?危険なサイトに誘導されないように、十分お気をつけ下さい。

(以下、記事のURL)
「ネット検索で危険な有名人、佐藤江梨子、京野ことみ、米倉涼子ら」
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20091026_324495.html