警視庁、児童ポルノの専従捜査班を設置

_MG_3292.jpg11月は七五三の月、先週末、友人の娘さんのお祝いで明治神宮に行きました。
あちこちに可愛らしい七五三の装いをした子供達であふれ、神社が華やいでいました。

親に向かって子供がポーズをとると、その後ろに30~40人くらいのギャラリーが集まり、一斉に一眼レフを向けます。最初は芸能人の子供か思いましたが、あちこちで人垣ができているので、どうやら一般人だったようです。

たしかに子供がいると、見知らぬ人からカメラを向けられることが増えました。当然のようにパチリ。私と目が合うと、逃げるように去っていきます。もちろん一言の断りもありません。

七五三はともかく、同じような感覚で子供の水着姿や着替えの写真を撮られたら、立派な児童ポルノになります。
児童ポルノはネット上でも一大産業、子供達の写真が売買され、「被害児童の低年齢化が指摘」されています。

「児童ポルノの摘発を強化するため、警視庁は今月中に、専従捜査班を設置」し、今日から24時間の専用ホットラインも開設しました。「インターネットや語学に堪能な人材を配置」して、本格的に児童ポルノの撲滅に乗り出したようです。

庁をあげて、児童ポルノ対策に乗り出すことから、事態の深刻さが伝わってきます。
誰でも無許可で写真を撮っていい今の風潮、写真を撮る方のモラル教育も必要じゃないか、と思う今日この頃です。

(以下、記事のURL)
「児童ポルノ摘発強化へ専従捜査班…警視庁」
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091118-OYT1T00610.htm