児童ポルノが過去最多、被害者の低年齢化がすすむ

2009年の児童ポルノ事件は、過去最多の935件(前年比増38%)、摘発された人数も過去最多の650人、低年齢化(「小学生以下が全体の約16%」)がすすんでいることが分かったそうです。(警視庁まとめより)

GS082_72A.jpg児童ポルノ事件の内容は、「わいせつ画像や動画を撮影するなどの児童ポルノの「製造」(439件)」、「愛好者らへの「提供」(382件)や「提供目的の所持」(114件)」です。
小遣い稼ぎのために1歳女児の写真を母親らが販売するなどの、「親が子どもの性を売るケースが目立った」そうです。

また、事件の約半数はネットを利用しています。一度ネットに流出してしまった画像は回収が不可能で、将来にわたるまで、被害が何度も繰り返されることになります。

親は子どもの写真を簡単に取ることができますが、その取り扱いに責任が生じています。
くれぐれも軽い気持ちで犯罪に手を染めることがないように心したいものです。

(以下、記事より引用)
児童ポルノ摘発最多、被害者の16%小学生以下
「被害者は確認されただけで411人。このうち65人は小学生以下で、前年より約67%増えた。母親らが小遣い稼ぎのため、1歳女児の裸の写真を撮って販売するなど、親が子どもの性を売るケースも目立った。顔が特定できない画像なども多く、被害実態はさらに深刻だとみられる。

 インターネットを利用した事件は、全体の約54%にあたる507件で、前年の約2倍。わいせつ画像をファイル共有ソフトを使って不特定多数に提供するなどして被害が広がり、「事件の傷が癒えない子も多い」(警察庁幹部)という。」
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100218-OYT1T00681.htm?from=yoltop