「非実在青少年」規制、橋下知事も

東京都の石原都知事が提案した「非実在青少年」規制、大阪の橋下知事も検討するようです。(過去ブログ「東京都、アニメ・ゲーム・マンガの児童ポルノを規制する方向へ」)

FE152.jpg

「非実在青少年」規制とは、18歳未満のアニメ、ゲーム、マンガの登場人物といった実在しない青少年に対する性的描写をやめさせようとするもので、その手のマンガ等の販売、閲覧を規制する法律です。

地方自治体で何か新しいことをするときに、やはり東京の石原知事と大阪の橋下知事の影響力は大きいことを実感します。今後の動きに注目したいものです。

(以下、記事より引用)
「「非実在青少年」規制、橋下知事「大阪府も検討」」
「18歳未満にみえるキャラクターの性描写がある漫画やアニメなどの販売や閲覧を規制する東京都の青少年健全育成条例改正案をめぐり、大阪府の橋下徹知事は19日、「大阪の実態を把握して規制の必要があるかどうか見極めたい」と述べ、府でも同様の対応を検討する考えを明らかにした。」
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20100319_355839.html