ネットを利用した犯罪、過去最多

P1030514.jpg

インターネットの普及により、当然のことながらネットを利用した犯罪が増えています。

警視庁によると、「インターネットを利用した犯罪の今年上半期(1〜6月)の摘発件数は2444件」で、「上半期ではこれまでで最も多く、年間で過去最多だった2008年の4334件を上回るペースになっている」そうです。

犯罪種別には以下の通りです。

「ネットオークション詐欺」 451件(前年同期比53%増)
「児童買春や淫行(いんこう)」 451件(同38%増)
「わいせつ物頒布や児童ポルノ提供など」 402件(同63%増)
「出会い系サイト規制法違反」 207件(同13%増)
「ファイル共有ソフトなどを使った著作権法違反」 160件(前年同期比で3倍強)

(以下、記事のURL)
「上半期のネット利用犯罪2444件、過去最多ペースに」
http://www.asahi.com/national/update/0902/TKY201009020135.html