子どもに携帯を持たせる? 半数の親がYes !

「やっぱり、子どもにケータイ買おうかな」
友人とのLINEでの会話、彼女は、子どもが小学校に通いだしたばかりです。

「なんで? 買わないって決めたばっかりじゃない?」
「そーなんだけど、やっぱ、あったほうがベンリなのよね。」

GS176_72A.jpg東京の品川区の小学生には、区から無料で「まもるっち」という
GPS機能付き防犯ブザーが配られます。
これはKDDIの子ども向け携帯電話で、有料で携帯電話として使えるそうです。
他の地方自治体でも同様の試みをしているかもしれません。

小学生の携帯電話の所有率は、、、、というと、以下の通りです。

—————-(以下、記事より引用)——————–
携帯電話市場に詳しいMMD研究所が1月、小学生の子を持つ親を対象に行った「小学生の携帯電話所持に関する実態調査」によると、小学生の携帯電話端末の所持率は41・9%、子どもに携帯電話を持たせる必要性を感じている親は52・5%に上った。
 
—————-(引用終了)——————–

もちろん、学年で差が出るとは思いますが、4割の小学生が携帯電話を所有し、半数以上の
親が、子どもに携帯電話を持たせたいと考えています。

携帯電話を持たせるときの注意点についても、記事では触れています。

—————-(以下、記事より引用)——————–
吉本浩司所長は「子どもにスマホを与える時は、チャットやソーシャルゲームなど、面識のないネット上の
コミュニケーションに注意したい。子どもの方がネットの知識が詳しくなり、親の知らないところでトラブルに巻き込まれる事態が増えるかもしれない」と警鐘
を鳴らしている。
—————-(引用終了)——————–

(以下、引用した記事のURLです)
「スマホ:人気受け、子ども向けも登場 ネット上でのトラブル、親が注意を(毎日新聞 2013年04月12日 東京朝刊)」
http://mainichi.jp/feature/news/20130412ddm013100008000c.html