インターネット利用開始時期、低年齢化

GS168_72A.jpgお子様は何歳で、インターネットを使い始めましたか?

小学生を対象にした調査によると、ネット利用を開始時期のトップは「小学校1年生(21.8%)」、未就学児では「0〜2歳」が約1%、「3〜5歳」が約18%」でした。
昨年と比べて、0歳から小学校2年生までが僅かながら増加し、小学校3年生以上では減少しており、ネット開始時期の低年齢化が進んでいるようです。

また、約4分の1の家庭でフィルタリングを利用しており、子ども専用パソコンの方が、親と共有パソコンよりもフィルタリングを入れているようです。

—————–(以下、記事より引用、まとめ)————-
インターネットの利用を開始した時期

 「小学1年生」 21.8%
 「小学3年生」 18.6%
 「3〜5歳」  18.3%
 「小学4年生」 16.0%
 「小学2年生」 12.0%

フィルタリングサービスの使用率

 「知っているけど使っていない」 57.3%
 「使っている」 25.8%

環境別のフィルタリングサービスの利用率

 「子ども1人に1台のパソコンを使っている場合」 38.8%
 「子どもたち専用のパソコン(複数の子どもたちで共有)」 36.1%
 「親と共有のパソコン」 24.4%

フィルタリングサービスを利用していない理由

 「不適切なページにアクセスしないと思っているので必要ない」 52.2%
 「大人が使うときに不便だから」 21.0%

(NTTレゾナント株式会社が、第8回調査として「gooリサーチ」の登録モニターに対し、平成22年10月1日(金)から10月11日(月)にかけて実
施、小学生の子どもを持つ保護者を対象に小学生のインターネット利用に関するアンケートを実施。有効回答数は13,925名)

—————–(引用、終了)————-

(以下、記事のURL)
子どものネット利用開始時期、3〜5歳が増加
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20101119_407774.html

「第8回「小学生のインターネット利用に関する調査結果」」
http://pr.goo.ne.jp/detail/1435/